ネブミ男 Vol.7

彼氏が長年いないアピールはNG。カシスオレンジを飲む女を馬鹿にする“カサカサお化け”とは

東京に“ネブミ男”と呼ばれる男がいる。

女性を見る目が厳しく、値踏みすることに長けた“ネブミ男”。

ハイスペックゆえに値踏みしすぎて婚期を逃したネブミ男・龍平は、恋愛相談の相手としてはもってこい。

相手を値踏みするのは女だけではない。男だって当然、女を値踏みしているのだ。

そこで値踏みのプロ・龍平に、男の値踏みポイントを解説してもらおう。

これまでに、姫気質な「ワタシ姫」春菜や、 ぬり化け女子の絵美里自称サバサバ系の鯖女子・麻里子や、円満大王の由香子を見てきた。

今週、彼の元にやってきたのは...?


「はぁ。今日もお酒が美味しいわ」

ハイアット セントリックの『NAMIKI667』のカウンター席。

龍平の隣で、ため息交じりにドライマティーニを飲んでいる洋子が呟いた。

洋子は、龍平が以前勤めていた会社の後輩で、今でもたまに飲みに行く仲だ。

「相変わらず龍平さ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
二日酔いの日にマティーニ飲めるなんて、さすがに若い子はイイわね〜〜

もうすぐ45歳より…
2018/05/10 05:2999+返信6件
No Name
カサカサ女‥
31なんて1番の女盛りで1番綺麗に見える時なのに人を羨むなんてもったいない!
2018/05/10 05:2699+返信13件
No Name
たしかに!私の周りでは離婚したばかりとか彼氏と別れたばかりで「私はもうおっさん、男目線で見ちゃうのよね」を揃って連発している人たちがいます。その奥にはまだまだ女として大切に扱って欲しいと言う気持ちが透けて見える気がします、、
2018/05/10 05:3199+返信4件
No Name
龍平の「プチ恋愛とかハプニング」って言い方がちょっとおじさんぽいと思ったのは私だけ?
2018/05/10 06:2763返信6件
No Name
林真理子先生の小説に、女性には3つのタイプがいて年齢に完敗してしまう人、年齢にあっさりと勝ってしまう人、年齢に必死に抗う人がいると・・(日経の連載かな。)
要するに、モチロン肌のお手入れとある程度のスタイル維持も大事ですが、年齢を重ねてからこそ出る内面からの美しさは本当に生き方次第ですね。
アラヒフですが、周りを見ると確信します!
日本にもっと素敵なマダムを増やしましょう(^^)
2018/05/10 06:5852返信5件
もっと見る ( 148 件 )

【ネブミ男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo