住んでいるだけじゃダメなの?麻布十番在住の代理店マンが陥った十番の落とし穴って?

港区でありながら下町情緒も残しつつ、艷やかな雰囲気もしっかりある。ここ麻布十番には酸いも甘いも経験した大人が集っている。

今回は、そんなこの街を題材に、十番デビューしたての代理店マンと十番に魅せられた経験を持つ美女の恋物語をお届けする。


麻布十番へ引っ越してきた年下の男


淳平君に出会ったのは、ユニマットビルに入る『カラペティバトゥバ!』で開催された食事会の席だった。

「淳平は営業チームの後輩なんだけど、いい奴でさ。お姉様方、可愛がってあげて」

淳平君の会社の先輩であるトオルさんと私の友人が知り合いで、この会が開催されることになったらしい。

汐留にある広告代理店勤めのふたりは、ダークスーツにニュアンスヘアー、袖元から覗く時計はパネライ。

こういった席でもネクタイをビシッとキメていて、いかにも“THE・代理店マン”な雰囲気を醸していた。


トオルさんから紹介された彼は、きっと私より年下だろう。まっすぐ、キラキラした眼差し。でもどこか垢抜けない印象も否めなかった。

「昨年末に、麻布十番へ引っ越したんです! 玲奈さんは、この界隈とか来られますか?」

来るも何も、24歳から27歳まで私は十番に住んでいた。それは思い出すだけでちょっと心がザワつくような、甘酸っぱい思い出が詰まっている3年間だった。

「そうね。最近はちょっと足が遠のいているけど」

最近、十番に来る機会が減っていた。理由は自分でも分からない。でも何故か来る頻度が減っていた。

「麻布十番、めちゃ良い所ですよ! 絶対、玲奈さんも好きになります!」

目の前でいかにここが良い街なのかを一生懸命説明してくれている淳平君。しかし食事が終わり、2軒目へ移動しようとした時に、彼の全てが見えた気がした。

「淳平、お前十番に住んでいるんだよな? この辺りでどっか良い店知らない?」

十番は商店街界隈だけでなく、ちょっとした裏道などにも隠れた名店やオシャレなBarが点在している。

「もちろん! 公園前のあの店とかどうですか?」

トオルさんに促され、意気揚々と淳平君が提案したのは、大手チェーンが母体のレストランバーだった。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo