男女のAorB〜回答編〜 Vol.1

男女のAorB〜回答編〜:出会ってすぐ家に行った女or3ヶ月焦らした女。本命彼女に選ばれたのは?

B:3ヶ月焦らした女・留衣


最初に出会ったのは、留衣の方だった。

食事会で出会った留衣は黒髪が印象的な美人で、ゆったりとした話口調が色っぽい。そんな彼女に、僕はとても興味を持った。

聞けば彼女は、白金高輪に住んでいるという。帰りの方向が同じという口実で、一緒のタクシーに乗り込んだ。

「白金高輪で好きなお店とかある?この界隈、隠れ家的なお店が多くていいよね」

「そうなんですよ。『タランテッラ ダ ルイジ』とか『茶懐石鮨』とか好きかなぁ。でも目黒にも美味しいお店多いですよね!私、この前初めてメグロードへ行ったんですけど...」

こんな美女がメグロードに入ることが意外で、僕は思わず笑ってしまった。そしてもっと彼女のことを知りたくなった。

ここで誘わないバカはいないだろう。自然な流れで、僕は“今度一緒に食事しよう”と、留衣をデートに誘うことに成功したのだ。

そしてその日から、僕たちは毎日のようにLINEを送りあうほどの仲になっていった。


留衣と3回目のデートをした時に、僕はちょっと勇気を出して聞いてみた。

「この後どうしようか...家、来る?」

このセリフを切り出すとき、何度言っても、何歳になっても、言い慣れないのは僕だけなのだろうか。妙に緊張したのだが、彼女の答えはあっさりとしていた。

「どうしようかな...また今度、お邪魔させてください」

いわゆる、玉砕である。

誘ったものの、フラれる悲しさ。僕はショックで一瞬その場にへたりそうになるが、留衣の次のセリフで持ち直した。

「大毅さん、ごめんね。もう少し、ちゃんとした関係になってからがいいなと思って...待っていてくれる?」

「もちろん。留衣ちゃんのこと、僕も真剣に考えているから、そんなことで嫌いになったりしないし、焦ってもいないよ」

その言葉通り、僕からはもう手を出さないと決めた。向こうのタイミングがあるのかもしれないし、本当にそれが目的ではなかったから。

一緒にいられれば楽しかったし、会えるだけでも嬉しかった。何度か食事へ行くうちにお互いのこともよく知ることができて、彼女の人間性も見えてきた。

留衣の性格の良さも十分理解でき、お互いの仕事のことなどをLINEで話す毎日が続いている。

しかし1ヶ月が経った頃から、彼女と会うたびに僕の思いはくすぶり始めていた。

—そろそろOKをくれても良いのでは...?

まるで目の前にニンジンをぶら下げられた馬のように、僕は“待て”をさせられている。

そしてそこから1ヶ月経っても2ヶ月経っても、留衣からの許しが出ることはなかった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
両方食ったのかよクズ男。
2018/04/01 05:1999+返信28件
No Name
結局この男は、女性に好きですとも付き合ってくれとも言ってないのに、待たされたとか意味わかんねー
女に言わせてやらせてる、チキンでカスな男だよねこれ
2018/04/01 05:3699+返信13件
No Name
結局どっちともヤってたのね。
出会った順番逆だったらどうだったんだろう?
単に新規の方が新鮮だからじゃない?
2018/04/01 05:2199+返信13件
時間軸😺
出会う時間軸が逆だったのか、やられた(笑)。

気持ちが冷めたくせにやることはやるのか、ズルイなあ。

私、男性ですが、同意できないな、このやり方。
2018/04/01 06:3699+返信9件
No Name
3ヶ月は長すぎるけど、瑠衣に付き合ってくださいと言って、OKもらってから家に誘えばよかったんじゃないかなぁ。
私は付き合う前にしてしまった相手に都合のいいように扱われたから、自分が好きでも付き合おうって言われる前にしてはいけないんだなと痛感しました。
男の人ってすぐ手に入る女性は大切にしない人の方が多い気がしました。
だから、付き合おうって言われなければしないようにしました。
会ってすぐに家にいる
誘われても私は行かないですね。
2018/04/01 06:5487返信1件
もっと見る ( 273 件 )

【男女のAorB〜回答編〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo