崖っぷち妊活物語 Vol.3

崖っぷち妊活物語:できれば夫に秘密でいたい。“不妊治療”を認めたくない、妻の葛藤

―私、もしかして不妊...?ー

結婚相談所に助けられながら、気が遠くなるほど壮絶な婚活を経て、晴れて結婚ゴールインを果たした女・杏子。

一風変わったファットで温和な夫・松本タケシ(マツタケ)と平和な結婚生活を送り、はや2年。

34歳になった彼女は、キャリアも美貌もさらに磨きがかかり、順風満帆な人生を歩む一方、心の隅に不妊の不安を抱え始めていた。

そして訪れた病院で、藤木というスパルタ医師の診察を受けるが...?


―初診で“体外受精を視野に入れろ”なんて、あり得ないわ...!!

杏子は憤慨しながら病院を後にした。

せっかくコソコソと勤務時間を割いてまで診察を決意したのに、収穫はもはやゼロに近い。

不妊治療のステップは、まず正確な排卵日を狙って夫婦の営みをする、タイミング法というのが主流であるはずだ。

なのにあの藤木という医師は、不妊の最終手段とも言える高度生殖医療の体外受精を早々に宣告したのだ。詳しく調べてはいないが、とにかく労力と金のかかる治療である。

さらに藤木は、週末に行われている説明会とやらに夫婦揃って参加するよう強制した。患者が無知のまま治療に臨むのは彼の理念に反するというのだ。

―都内一の不妊治療なんて言って、ただの金儲け主義じゃないの...!

それでも杏子がタイミング法を主張すると、「だいたい5日後あたり」と適当な指示をされ、その直前にタイミングを取って来院するようにと、全くヤル気のなさそうな顔で告げられた。

そんな大雑把な診察であれば、妊活アプリで十分である。

「まぁ、正確な排卵日をご希望なら、また3日後に来てください。それで生理が来たら、次は卵管造影検査ですね。くどいようですが、もう2年も妊娠されないなら、タイミング法をのんびり繰り返しても時間と精神力が無駄になるんで」

杏子は、そう無表情で語った冷たい藤木の言葉を思い出す。

その場は眉間にシワを寄せつつ「はい」と返事をしたが、内心は“卵管造影検査”というものに恐れ慄いていた。

【崖っぷち妊活物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo