崖っぷち妊活物語 Vol.1

崖っぷち妊活物語:「赤ちゃんはまだなの?」バリキャリ妻の幸福を破壊した、無邪気な妊婦の一言

―私、もしかして不妊...?ー

結婚相談所に助けられながら、気が遠くなるほど壮絶な婚活を経て、晴れて結婚ゴールインを果たした女・杏子。

一風変わったファットで温和な夫・松本タケシ(マツタケ)と平和な結婚生活を送り、はや2年。

34歳になった彼女は、キャリアも美貌もさらに磨きがかかり、順風満帆な人生を歩む一方、心の隅に一抹の不安を抱え始めていた。


―思い切って、車でも買っちゃおうかしら......♪

口座に振り込まれたボーナスをスマホで確認すると、杏子はついニヤニヤと笑みが溢れた。

慶應大学卒業後、丸の内の某外資系証券会社のセールス職に精力を注ぎ続けた杏子は、今年とうとうディレクターへと昇進した。

それと景気の回復が相まって、もともと高給取りの杏子のボーナスは、かなりの額になっている。

欲しいモノは、その気になればだいたい何でも買えるだろう。ブランド物でも、車でも家でも、ドンと来い状態だ。

ただ、もちろんこの業界にリスクは付き物である。

調子に乗って羽振りの良い生活を送り、急にクビ、なんてこともあり得るから、十分に気をつけなければならない。

何と言っても、松本家の大黒柱は杏子なのだ。

大手自動車メーカーの研究員として働く夫・マツタケの収入は決して悪い訳ではないが、正直、自分とはかなりの差がある。

しかし、これまで散々頑張ってきたのだ。ちょっとイイ新車を買い、運転好きの夫と週末ドライブを趣味にするくらいの贅沢は、許されるだろう。

2年前、婚活を頑張って本当に良かったと思う。

あの時は何度も挫折を味わい、プライドを打ち砕かれ、嫌な思いもたくさんした。

そうして手に入れたマツタケとの平穏な結婚生活は、人に自慢できるほどのモノではないかもしれないが、杏子は文句ナシに満足している。

―どうせ買うなら、ポルシェのマカンかしら。マツタケはきっと喜ぶわ...。

杏子はしばし妄想に暮れ、自分の幸せに酔いしれた。

この時はまだ、これから再び自分に降りかかる困難と、このボーナスの真の使い道など、全く予想もしていなかったのだ。

【崖っぷち妊活物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo