東京マテリアル・ガールズ Vol.4

「彼、素敵な人よ」自分のデート相手を勧める女。その余裕の影に潜む、毒々しい策略の気配

女同士の闘いなんて、くだらない?

美貌・財力・センスのすべてを手に入れた女たちが繰り広げる、ヒエラルキー争い。

男からは求められ、女からは妬まれ、そして羨望の的となるカリスマ読者モデルの世界。

己の自己顕示欲を隠すことなく曝け出す彼女たちは、時に結託し、時に競い合う。

くだらない、と思うならどうか覗かないで欲しい。

優雅で美しくも、水面下で死にもの狂いで闘う、女たちの醜い生き様をー。

読者モデルに応募し、女性ファッション誌『GLORY』の紙面に登場し始めるあおい。

カリスマ読者モデルの景子に気に入られ仲良くなるが、自分だけがInstagramに載せてもらえずショックを受ける。


カリスマ読モからの、お食事会のお誘い


今日は、『イケてるGLORY GIRLSの目元が変わった!』という企画で編集部に呼ばれている。

メイクルームに着くと、他の読者モデル達は既に盛り上がっている。輪に入れずにいると、少し遅れて景子がやってきた。

「あおいちゃん、今日一緒だったの!よろしくね。」

親しげにあおいに声をかける景子を見て、皆が一斉にこちらに視線を向けた。

メイクルームの空気は一変し、全員が景子と自分の話を聞いているような気がする。

「ね、今週の金曜日、お食事会があるの。」

景子が意味深な笑顔を作る。

「私が幹事なんだけど、あおいちゃんにも絶対に来て欲しくて。リナや珠緒も来るし。男性陣もなかなか素敵よ。でも、カジュアルな内輪の集まりだから、気楽に参加してもらえないかしら」

実は、あおいは東京で食事会には行ったことがない。未知の世界だが、好奇心で参加を決める。

撮影に呼ばれた景子がメイクルームを出た途端、あおいは質問攻めにあった。

「木下さんって、景子さんと仲良かったのね!G3とお食事会に行くの?」

今までは自分に見向きもしなかった子達が、急に話しかけてくるなんて…。あおいは、改めてG3の凄さを思い知る。

だが、忘れないうちに金曜日の予定をスマホに入れようとしてハッとした。

その日は優と映画を観に行く約束をしていたのだ。

【東京マテリアル・ガールズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo