東京随一の劇場型レストランが誕生! 五感をフルに使って楽しむ神楽坂の新店はここだ!

レストランは、もはや料理を楽しむだけの場所ではない。斬新なプレゼンテーション、未知なる美味は、ときとして人生観を変えるほどの力を持つ。

そんな魔法のような体験が待つレストラン神楽坂の『SECRETO』が話題だ。


世界基準のレストランは何もかもが非日常
『SECRETO』

神楽坂と牛込神楽坂と中間地点。まったくの住宅地に昨年10月オープンしたのが、こちらの『SECRETO』だ。

付近にはフレンチの名店『ル・マンジュ・トゥー』などもあるエリア。とあるマンションの1階に隠れ家のように佇むその姿は、まさに秘密のレストラン。

そもそも、この『SECRETO』という店名は、オーナーシェフの薮中章禎さんがプライベートで同じ名称のシークレットディナーを開催していたことが発端。

店名の『SECRETO』とはスペイン語で“秘密”の意味。黒を基調とした秘めやかな空間

薮中シェフは、もともと『タパス モラキュラーバー』や、伝説のレストラン『エル・ブジ』で働いた経験を持つ実力派だ。

予約は1日1回転、10名のみ。19時に一斉スタートとなる。オープンは18時40分。店内に入ると、まずウェイティグバーでしばしの待機。

ジントニックには、モンキー47の使用。相性は抜群だ

質感や温度を駆使した、分子調理を得意とする

19時になると同時にメインフロアに通される。ステージのようなテーブルが中央に置かれ、そこを取り囲むように10席が並ぶ。無駄なモノが一切省かれた空間。ここに入った瞬間から、薮中劇場はスタートしている。

乾杯はシェフが修業時代から愛飲しているというアガヴェシロップで甘みを足したジントニック。

「秘密のオリーブ」。中身は食べてのお楽しみ

前述した修業店からもわかるように、薮中シェフが得意とするのは分子調理。

「一品目は『秘密のオリーブです』」と、出された黒い粒を口に含むと、ひんやりとした温度に驚き、弾ける。

フォワグラの濃厚な風味を感じる「フォワグラのフレンチトースト」。惜しげもなく削られるトリュフに気分も高揚していく

アルコールはペアリング。基本はワインだが、スペシャリテの「フォアグラのフレンチトースト」には、満寿泉の貴醸酒を合わせるなど旨みの重ね方も巧みだ。

昆布締めにした鯛や紫蘇の香りが口の中に広がる「未来寿司」

アボカドとエビを使った一品。味噌の風味を加えている

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo