恋の大三角形 Vol.4

恋の大三角形:深夜2時過ぎ、ようやく既読になったLINE。嫉妬に苛まれた女の狂気

東京を生きる女たちは、もう気がついている。

「素敵な男の隣には、既に女がいる」という事実に。

自分が好きになるくらいの男を、他の目ざとい女たちが見過ごすはずがないのだ。

不動産会社で秘書をしている繭子(29歳)は、商社勤務の洋平(30歳)と付き合って2年になる。

30歳までに結婚を決めたい繭子だが、洋平からプロポーズの気配がなく焦りを募らせている

そんな折、普段と様子の違う洋平に第六感が働いた繭子は、咄嗟に嘘の予定を彼に知らせるのだった。


繭子side−誰と比べているの?


そろそろ寝ようかというタイミングで、電話が鳴った。

「あ、繭ちゃん?まだ起きてた?」

飲んだ帰りだろうか。

タクシー運転手に「東3丁目まで」と伝える声が遠く聞こえたあと、洋平の声が耳元に戻る。

彼はだいたい飲んだ後、皆と別れ一人になったタイミングで私に連絡をよ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
この男
女の怖さを分かってない
繭子も彩乃もどっちも怒らせると怖いんだよ
思い知るがいい
2017/11/27 09:4046返信2件
No Name
深夜の狂行!面白そうですね笑
2017/11/27 06:3345
No Name
洋平を取り戻したいなら、踏み込んじゃダメだよね。
でも、隠れてコソコソ浮気するような男は、ハッキリ現場を押さえて自分の気持ちにケリをつけて次に行くべきかも。
2017/11/27 12:5341返信2件
No Name
後輩のシバユカちゃん、全然小賢しく思えないけどな。全般的にただの僻み笑 欲望に忠実で良いじゃない。むしろ彼女メインのお話が読みたい。
2017/11/27 07:3637
No Name
うわぁー、破滅への道を突き進んでるねー
2017/11/27 08:3715
もっと見る ( 31 件 )

【恋の大三角形】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo