• PR
  • ズルい男 Vol.1

    ズルい男:「年下の可愛い子好き」だった32歳商社マンが、年上女性に心奪われた瞬間

    岡田透、32歳。

    身長182センチ、総合商社勤務で独身、半年前にシリコンバレーから戻ってきたばかり。

    向かうところ敵なしのスペックを持ち、数々の女性をさらりと口説く透はしばしば、“ズルい男”と言われる。

    しかしそんな透に、最近ある変化が起きて……?


    ―あれ……。あの子帰っちゃうのかな?

    今日は表参道の『シカダ』での食事会後、二次会はいつものカラオケ屋に向かっていた。

    後ろにいる女性陣をふと見ると、今日断トツに1番可愛かったユリという子が皆の輪から外れて、スマホの画面を見つめているのが気になった。二次会には行かないつもりなのだろうか。

    遊び慣れた感じの女性が多い中、ユリは可愛らしく控えめな雰囲気で、僕のタイプどんぴしゃだった。26歳で、大手生命保険会社の事務職らしい。

    僕は歩く速度を緩めてユリの隣に行き、こっそり耳打ちした。

    「ユリちゃん、ここ抜けて2人で飲み直さない?」
    「えっ……。」

    突然の誘いに、彼女は不安そうな表情を浮かべて周囲を見渡す。困惑しているが決して嫌がっている表情ではないのを、僕は見逃さない。

    「この近くにいいバーがあって。1杯だけ、付き合ってくれないかな?」

    「1杯だけ」という言葉に安心したのか、彼女の口元が少し緩んだ。

    「……うん、1杯だけなら。」
    「よし、決まり!じゃあ信号渡って、反対側のところで待ち合わせね」

    僕は先頭を歩いていた幹事の中尾に一言「悪い、先に帰るわ」と告げ、ユリとこっそりタクシーに乗り込んだ。

    今日、元々僕は人数合わせで参加していた。ピンチヒッターとしての務めは、もう充分果たしただろうと考えながらー。

    CIVIC_1_PC

    【ズルい男】の記事一覧

    もどる
    すすむ

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo