LESS~プラトニックな恋人~ Vol.2

LESS~プラトニックな恋人~:不完全燃焼に終わった夜。この日を境に歪み始める男と女

今、東京の男女が密かに抱えている悩みがある。

恋人や夫婦間での、肉体関係の喪失だ。

ある統計では、今や世帯年収1,000万円を超える夫婦においては、過半数以上が当てはまるという。

この傾向は、未婚の男女においても例外ではない。

化粧品会社でPRをしている美和子(32歳)は、某大手損保企業に勤める健太(32歳)と同棲を開始。

そして1年が経つ頃、ふたりは“プラトニックな恋人”になっていた。


同棲1年。相思相愛の二人だが…


「健太ってさ、もう、ほんっとーーーーに美和子のことが大好きだよね」

新年を迎えた新鮮さも薄れ始めた、1月の終わり。ランチに訪れた『銀座あさみ』で、カウンターに並んで座る百合さんが突然そんなことを言うから、私は鯛茶漬けを食べながら、むせそうになった。

「何ですか、いきなり…」

私と健太は、百合さんが幹事をした食事会で知り合った。

あの日、女性側幹事は百合さんで、男性側は彼女の大学時代の同級生であり、健太の会社のさんでもある山田さん(独身・彼女なし)だった。

山田さんと百合さんはお互いを“やまちゃん”“ゆりっぺ”と呼び合う間柄で、あまりに仲が良いものだから、私は密かに昔付き合っていたのではないかと予想している。

「いや、この間またやまちゃんと飲んでたんだけど、途中から健太が合流したの。さりげなく美和子の話題を振ったら最後、話が止まらないんだもの!

この前美和子がこんな事して、とかあんな事言って…とか。やまちゃんが途中で笑いながら“美和子が美和子がうるせー”って叫んで、やっと終わったのよ(笑)」

百合さんは勢いよく言って、呆れたように笑った。

「なんか…すみません(笑)」

その光景があまりに想像できすぎて、私も苦笑する。

健太とは付き合って1年半、同棲して1年が経つ。私たちはよくお互いに「まるで遠い昔から知っていたみたい」だと言い合う。それくらいに気が合っているのだ。

恋に溺れる時期は過ぎ去ったが、彼も私も、お互いのことが変わらず大好きだった。

−ただ、だからこそ“あの夜の出来事”が、私の心の奥で燻っている。

【LESS~プラトニックな恋人~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo