寿退社したものの Vol.14

「妻が待つ家に帰りたくない…」。変わってしまった妻へ、複雑な心境の夫

結婚したら、寿退社♡

一昔前まで、それは女性の人生における最初の小さなゴールだった。

家庭に入り、料理の腕を磨き、夫の帰りを待つ。

だが、2017年の東京で「専業主婦」は、本当に憧れるべき存在だろうか?

専業主婦だった志穂は、自立のために復職した。義母ともめるなどうまくいかず、思わず家を出てしまうが、結果夫婦仲は安定した。

今回は、そんな志穂を身近で見ていた夫・康介の心情に迫る。


久々に見た妻の笑顔


「私、働こうと思うの!」

妻の志穂が、こんなにも生き生きとした顔を自分に見せるのは、久しぶりだった。

妊娠・出産でなんとなくギクシャクして以来、志穂が心から笑っているのをあまり見たことがない。

娘のひなは可愛いし、風呂に入れたり遊んでやったりする子供の世話は嫌いではない。自分は、よくやっている方だとも思う。

しかし、志穂はどんどん「母親」になっていき、なぜだかいつもピリピリしている。もちろん、自分の世話を甲斐甲斐しく焼いてくれるわけでもない。

喧嘩も多くなり、自分の顔を見ると不満や文句を言い出す妻。昼夜問わず働き、妻子を養っている自分のどこが悪いのか、康介には全くわからなかった。

「結婚した夫婦など大概そんなもの」という先輩のアドバイスにも関わらず、康介は家に帰るよりは残業をしていた方がマシだ、と思うまでになっていたのだ。

だから、久しぶりに見た志穂の笑顔は眩しく、もしかしたら妊娠前の志穂のように戻ってくれるかもしれない、と淡い期待を抱く。

そんな期待もあり、康介は志穂が働くことを全面的に応援しようという気分になったのであった。

【寿退社したものの】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo