忘れられない男 Vol.6

泥酔男に絡まれた地獄のホームパーティー。謎のモデル風美女に劣等感を抱く平凡な27歳の女

春香が、24歳のとき。

心から愛していた男が、ある日忽然と姿を消した。

その日から、春香の時計の針は止まったまま。食事会に行っても新しい恋人が出来ても、まとわりつくのはかつて愛した男の記憶。

過去の記憶という呪縛から逃れることのない女は、最後に幸せを掴み取る事ができるのか?

最愛の恋人・祐也が姿を消してから、祐也への未練を吹っ切れずにいた春香。

過去と決別するため、新しい恋愛をしようと必死でもがいていた矢先、グイグイ男・慶一郎ホームパーティーへと連れて行かれる。しかし、訪れたマンションの扉をあけた家主は、なんと祐也だった。


これは現実なのだろうか—。

春香はリビングの入り口で静かに立ち尽くしていた。

玄関先で出会った時の祐也の第一声が、さっきからずっと、耳から離れずにいる。

「おぉ、春香じゃん!久しぶり!慶一郎と友達なの?」

まるで、卒業以来街でばったり会った同窓生のような挨拶に......


【忘れられない男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo