忘れられない男 Vol.3

彼女の誕生日より海外ドラマ優先の男。恋の温度差に悩む女が恋しくなる、元彼の香り

春香が、24歳のとき。

心から愛していた男が、ある日忽然と姿を消した。

その日から、春香の時計の針は止まったまま。食事会に行っても新しい恋人が出来ても、まとわりつくのはかつて愛した男の記憶。

過去の記憶という呪縛から逃れることのない女は、最後に幸せを掴み取る事ができるのか?

最愛の恋人・祐也が姿を消してから、祐也への未練を吹っ切れずにいた春香に、ついに彼氏ができた。

新恋人・シゲとの温度差に早くも不安を抱きつつも、3年ぶりにできた彼氏との誕生日を迎え、春香は浮き足立っていた。


3年ぶりの、恋人と過ごす誕生日。春香は幸せな気分に酔いしれていた。

「はるちゃん、お誕生日おめでとう」

銀座『スリオラ』で、シゲとモダンスペイン料理を堪能しながら、ふと春香はあることに気がついた。

シゲが、とても疲れているのだ。話をしていても心なしか少し上の空だし、......


【忘れられない男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo