忘れられない男 Vol.2

ガリ勉の眼鏡くんが“一軍男”にまさかの昇格!?3年ぶりに心ときめいた女の27歳バースデー

春香が、24歳のとき。

心から愛していた男が、ある日忽然と姿を消した。

その日から、春香の時計の針は止まったまま。食事会に行っても新しい恋人が出来ても、まとわりつくのはかつて愛した男の記憶。

過去の記憶という呪縛から逃れることのない女は、最後に幸せを掴み取る事ができるのか?

3年前に最愛の恋人・祐也が姿を消してから、祐也への未練を吹っ切れずにいた春香。食事会もデートも失敗続きの日々が続くが、親友の恵子に喝を入れられ、目が覚める。

ようやく祐也からもらった指輪を外し、前に進む決意を誓うのだった。


春香と親友の恵子は、麻布十番の『紫玉蘭』で食事をしながら、会話に花を咲かせていた。

2人の話題は専ら、誕生日会についてだ。そう、来週の土曜日は、春香の27歳の誕生日なのである。

誕生日会の幹事は私に任せて、とすっかり張りきっている恵子に、春香はもじもじと切り出した。

「その件なんだけど…誕生日会は、誕生日当日じゃなくて、翌日の日曜日に変えてもらってもいいかなあ…?」

恵子は首をかしげる。

「えっ、じゃあ当日はどうするの?」

実は今日、春香には、親友を驚かせるビッグニュースがあった。なんと、3年ぶりの彼氏が出来たのだ。

そのことを伝えると、恵子は春香の手を握りしめて喜んでくれた。

「おめでとう!!春香ったら、いつのまに!どうしてもっと早く話してくれなかったのよ、水臭いんだから!」

春香は照れ笑いをして、うつむく。

これまで散々、今度こそ恋人ができるかもしれないと騒ぐだけ騒いで、1、2度のデートで失敗をするパターンを繰り返していただけに、今回は少し冷静になって恵子への報告を温めていたのだ。

「で、その彼氏っていうのは、どこのどなた?」

「うん、シゲって言うんだけどね…」

わくわくとした表情で身を乗り出す恵子に、春香は新しい恋人との馴れ初めを語り始めた。

春香とシゲは、高校時代の同級生である。

高校の頃は正直、シゲのことなんて相手にもしていなかった。当時、春香が夢中になっていたのはクラスで最も注目を浴びるような、「一軍」的グループのチャラチャラした男たちばかりで、学年で成績上位を競うようなガリ勉の眼鏡男・シゲには全く興味を持っていなかったのだ。

ところが、先日高校の同窓会に顔を出して、春香は愕然とした。

【忘れられない男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo