エリート亮介の嫁探し Vol.3

「私、こう見えて“意外と”安いお店でも大丈夫なんです」アピールは、エリート男にどう思われる?

エリートとはフランス語のéliteが由来で、「選び抜かれた人」という意味だ。

日本で言われる“エリート”とは、学歴が高く且つ年収の高い男性を指す場合が多い。

東京大学出身、その後大学院を経て世界的IT企業のアメリカ本社への転職が決まっている亮介は、まさに世に言う”エリート”。

そんな亮介が、日本に一時帰国している半年の間に、日本での婚活を決意する。

食事会で出会った読者モデル・瞳とのデートでは、その本性を見てしまい、付き合うには至らなかった。

亮介に、明るい未来は来るのだろうか・・・?


「会うの、久しぶりだな。」

土曜日の午後8時、亮介は、恵比寿にある高級マンションのラウンジにいた。

今日は大学時代、起業家や起業家になりたい人向けに有志で行っている勉強会で知り合った片瀬が開く、ホームパーティに呼ばれていた。

「片瀬さん、お久しぶりです。この度は、おめでとうございます。」

片瀬と会うのは、3年ぶりだろうか?相変わらず目力が強く、今年40歳とは思えないほど、肌艶が良い。

片瀬は出会った時から「お前、面白いやつだな。」と亮介を気に入って、可愛がってくれていた。

その当時片瀬は、食品宅配サービスの事業を立ち上げたばかりだった。事業が軌道に乗り、つい先日上場を果たし、今日は親しい仲間内でのカジュアルなお祝いだった。

しかし中に入ると、すでに40人ほどが集まっている。カジュアルな集まりだと言っていたが、さすが人望のある片瀬だ。

豪華な料理やシャンパンが並べられ、内装もそれに合わせて綺麗に飾りつけされていた。

男性は片瀬と同い年くらいの人が多く、学生時代の友人や起業家仲間が集まった。一方女性達は、どういったつながりなのか、若くて美しい女性達で賑わっている。

「どうだ、亮介。美人ばかり集まっているだろう。良い子がいたら紹介するから言えよ?」

わはは、と豪快に笑う片瀬だが、これまで苦労も沢山していたことを知っているだけに、今回の上場は亮介にとっても感慨深い。

しばらくの間、片瀬と、片瀬の起業仲間である原田と話していた。すると急に、片瀬が大きな声で女性達を呼んだ。

「 綾乃ちゃん、美樹ちゃん!」

片瀬に呼ばれて、女性二人がこちらに来た。二人とも20代前半くらいの、なかなかの美人である。特に綾乃と呼ばれた女性は、身につけているものの華やかさが際立っていた。

肩と背中の開いた質の良いワンピースに、豪華なダイヤがあしらわれたカルティエのネックレスと、タンクの腕時計。

日本に帰国して以来、亮介はブランド物を当たり前のように身につける女性に違和感を覚える場面が、何度かあった。

【エリート亮介の嫁探し】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo