男と女のLoveゲーム Vol.12

「やられっぱなしでは、終われない」社内恋愛で結ばれた男女への復讐をもくろむ、キャリア女子の執念

日々、騙し騙されかけひきをくり返す、東京の男と女。

彼らの恋愛ゲームには、終わりなど見えない。

これまで、独身を貫く経営者を追いかける女、男を巡って争う2人の女、弁護士に一目惚れした女とその後輩の攻防、そして互いに想い合いながらも本命のいる男女を紹介した。

今回は、仕事と恋愛関係で攻防を繰り広げる3人の男女。

彼らのかけひきは、誰に軍配が上がるのだろうか…?


web広告代理店で花形部署に所属する一般職・真奈


こんにちは、真奈(27)です。

新宿のweb広告代理店で、一般職の営業アシスタントとして勤務しています。

私の所属する営業チームは、営業の中でも1番の花形部署。メンバーが15人ほどいて、健吾さん(30)というマネージャーが率いています。

彼はとても優秀な人。歴代最年少で社長賞を獲得し、直近も2期連続でチームをMVPに導くなど、目覚ましい活躍を見せています。

チームの女性達はいつも、何らかの発展を期待するような声色で彼に話しかけているのが、目に見えて分かります。(私も含めて、ね)

でもひとりだけ、そうじゃない女性がいます。

それは、総合職の麻子さん。健吾さんの同期です。

正直、彼女が面倒くさい人で困っています。

私は、仕事はそこそこ要領良くこなし、いずれは寿退社…くらいに考えているのですが、彼女は無駄に完璧主義。

「この書類、間違っているよ。お客様に送るものだということを意識してね」

そんな風に、よく私に説教してきます。マネージャーでもないのに、総合職だからって偉そうに…。

だから、30歳になっても貰い手がないのでしょうね。

彼女を疎ましく思う気持ちが増幅していった私は、ある妙案を思いつきました。

―彼女を口実に、健吾さんに近づこう。

【男と女のLoveゲーム】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo