港区男子の悲劇 Vol.4

「何を生きがいにすればいいのだろう」港区で15年間飲み続けた、男の末路

港区男子。

普通のサラリーマンでは考えられないほどの年収や地位を(若くして)手にし、港区で生活する者のことだ。

華やかな世界に住まう男たちの、光と“影”。その実態とは?

これまで登場したのは、年収2,000万でも財布は空っぽの外銀男、ビリオネアを目指す若手起業家、“普通の子”を求める東大卒外コン男

さて、今回登場する港区男子は…。


<今週の港区男子>
名前:陽介
年齢:35
職業:外資系投資銀行勤務
学歴:慶應義塾大学
年収:4,000万
住まい:アークヒルズ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
結婚したらしたで、今度は独身のときは自由で良かったなーとか言いそう
2017/10/03 09:3643
No Name
こんな男は、結婚しても、即離婚でしょ。
ナルシストで、自己チューなだけ。
誰からもチヤホヤされないから、結婚とか子どもに逃げようとしてるだけですよ。
結婚には、向かない男です。
人生を精一杯楽しみ、最期は、超一流の病院でお迎えください。
合掌!
2017/10/03 08:3040
No Name
飲み足りないんじゃなくて、帰りたくないんだよね。
結婚して子どももいても、そういう人います。かわいそうに思う。
2017/10/03 07:3030
No Name
女優クラスと結婚しないと格好がつかないって、何様?これでは結婚も長続きしないね。
スポーツしましょう。runやトライアスロンをやれば違った世界が見えてきますよ。
2017/10/03 10:5521
No Name
時間と我が子はお金じゃ買えない。
2017/10/03 06:4717
もっと見る ( 18 件 )

【港区男子の悲劇】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo