港区男子の悲劇 Vol.3

モデルや女子アナなんて、もうこりごり…。東大卒外コン男が求める“普通の子”の条件

港区男子。

普通のサラリーマンでは考えられないほどの年収や地位を(若くして)手にし、港区で生活する者のことだ。

しかし、全てを手にしているかのように見える彼らが、必ずしも幸せとは限らない。

高い報酬と引き換えに、常人では考えられないような、神経をすり減らした日々を送っているのだ。

華やかな世界に住まう男たちの、光と“影”に迫る。

これまで登場したのは、年収2,000万でも財布は空っぽの外銀男、ビリオネアを目指す若手起業家

さて今回登場する、港区男子とは?


<今週の港区男子>

名前:祥太郎
年齢:29歳
職業:外資系大手戦略コンサルティング会社勤務
学歴:東京大学
年収:2,000万
住まい:THE ROPPONGI TOKYO

何でも一番じゃないと、気が済まない男


待ち合わせ時刻ぴったりに、祥太郎はANAインターコンチネンタルホテル『シャンパンバー』に現れた。

「職場も家も近くて、よく来るんですよ」

彼はそう言って、慣れた様子でグラスシャンパンをオーダーした。

勝ち続けてきた男というのは、“根拠のある”自信に満ち溢れている。その鋭そうな目を見れば、彼が賢いというのは一目瞭然だった。

「1番じゃないと、気がすまないんですよね」

小学校も中学校も高校もずっと成績は1番で、物心ついた頃からずっとトップを目指してきたという。そんな祥太郎が進学した先が東京大学というのも、必然だといえる。

就活でもトップを目指し、「就活偏差値NO.1」と言われている外資系の大手戦略コンサルティング会社に難なく入社した。20代で年収2,000万円を突破し、同世代のピラミッドでは頂点にいるという自信が伺える。

六本木のタワーマンションに高級時計など、今のステータスを誇示できるアイテムは一通り手に入れているように見えた。

「あとは…結婚くらいですかね」

30歳という節目を目前に控え、手に入れていないものは「結婚」だけだという。

特に趣味もないようで、楽しみといったらお酒を飲むくらいだそうだが…。

「もう飽きましたよ。合コンや飲み会もやり尽くして、最近は心躍るような出会いなんてないっすね」

そんな現状に嫌気が差し、最近では可愛い子を求めて西麻布のラウンジに顔を出すようになったそうだ。

【港区男子の悲劇】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo