銀座を遊びつくせ! Vol.5

銀座でお得にトリュフでサク飲み!トリュフヌードル付きディナーが楽しい!

テーブルに運ばれてきた瞬間にトリュフの香りが立ちのぼる、絶品の「トリュフヌードル」をご存じだろうか?

銀座に2016年7月に誕生した『ル・コチア』の大人気メニューで、これが驚くほど旨い!

その美味しさの訳に迫りつつ、フレンチとしての使い勝手も抜群にいい『ル・コチア』の魅力を紹介しよう。

「トリュフヌードル」(1,800円)

贅沢なトリュフの香りが店内に漂い
それだけでもお酒がすすみそう!

2016年7月に銀座『銀座ル・コフレ』の姉妹店としてオープンした『銀座ル・コチア』。オープンに合わせて開発したのが、今やランチで大人気の「トリュフヌードル」である。

席に運ばれて来た瞬間に、トリュフの芳醇な香りがあたり一面に広がり、食欲を刺激されずにはいられない!

そんな絶品ヌードルの開発には試行錯誤があったという。こだわったのは、フレンチレストランで提供するヌードルであること。

お客様がゆったり話しながら食べても伸びにくいよう、約20種以上もの麺を試した結果、現在の麺に辿り付いたと、オーナーの伊藤シェフは語る。

料理人歴23年の伊藤シェフの手により見事にフレンチ料理に昇華したラーメンがこの「トリュフヌードル」だ

伸びにくい麺と芳醇なトリュフスープの相性が抜群

パスタの原料であるセモリナ粉とラーメンの原料である小麦粉を、水分を使わずオリーブオイルでつないだ細麺は、伸びにくいうえ、トリュフやスープの風味と絶妙にマッチ。

約10g以上ものトリュフを贅沢に使用し、その見た目だけでもテンションが上がり、ひと口食べればその美味しさに箸が止まらなくなる!

麺とスープ、そしてトリュフの相性の良さを何度でも確かめたくなるのだ。

半分食べたあたりで別添えのクリームを投入。また新たな美味しさに出会える

実はこの一杯3度美味しい!

じっくり時間をかけて旨味をとりだしたフォン・ド・ボライユと呼ばれる鶏だしと、長野の自社農園で育てた甘みの強いオーガニック野菜からとった優しいスープをバランスよくブレンドして作れたスープを使用。

しかし、麺と一緒にこのスープを味わうだけで満足してはならない。ぜひ別添えのクリームを混ぜて食べてみてほしい。

コクとまろみが加わり、味わいに奥行きが生まれるのだ!そして麺を全て食べ終わったら、最初に提供されるフランスパンをちぎってスープの中へ。

たっぷりとスープを吸い込んだパンを口に頬張れば、トリュフと上品なスープの旨みがジュワッと口いっぱいに広がっていく。

【銀座を遊びつくせ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo