男と女のLoveゲーム Vol.4

彼の部屋で、朝8時に鳴ったインターフォン。中流女がエリート男を射止めた咄嗟の対応とは?

日々、騙し騙されかけひきをくり返す、東京の男と女。

彼らの恋愛ゲームには、終わりなど見えない。

これまで、行動&言葉を巧みに操る男女、草食男の意外な行動に振り回される港区女子、“誘い受け”の攻防を繰り広げる男と女の話を紹介してきた。

第4回は、互いを“最高の恋人”と称賛するカップルのお話。

何か裏がありそうなこの男女、一体どちらがウワテなのだろうか…?


私の“最高の彼”を、紹介しますね。


こんにちは。大手町の総合商社に勤務しております、加奈子(27)と申します。

職種は、一般事務。近い将来結婚したら、寿退社するつもりです。

“女は、男と子どもを支えるために在れ。”

古い考えとおっしゃるかもしれませんが、まさにこの価値観を体現する家で育てられた私には、このような人生こそ、女としての成功に他なりません。

3年間お付き合いしている亮君も、私と同意見です。

彼は、外資系証券会社の営業マンとして多忙を極める生活。結婚後は女性は家庭に入り、家のことを全てして欲しいそうです。麻布で同棲中の今も、もちろん家事は全て私がしています。

でも彼はその分、ちゃんと私を大切にしてくれています。

例えば、毎月のお付き合い記念日には、流行りのレストランに必ず連れて行ってくれます。今月は、『六本木テラス フィリップ・ミル』でフレンチを堪能しました。

「こういう格式の高いお店に連れて行きたいと思った女性は、加奈子が初めてだよ」

亮君はいつも照れくさそうに、こう言ってくれます。

休日は時々、彼の愛車のアウディでドライブに行きます。この間は、横浜までドライブした後、サプライズでスカイクルーズまで準備してくれました。

その日はちょうどどこかで花火大会があったようで、立体的なまん丸の花火に、息をのむほど目を奪われました。

「休日も出張で、ゆっくりできない日が多いから」

本当に愛情深い、“最高の彼”ですよね。

【男と女のLoveゲーム】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo