東洋経済・東京鉄道事情 Vol.66

実は東京の「1日乗車券」は不便!世界の乗り放題事情から見る東京の改善点はここだ!

筆者が利用した外国の都市の公共交通で、乗り換えに際して別の乗車券を買う必要があったのはバンコクのBTSとMRT(地下鉄)ぐらいだ。それ以外は1枚の乗車券でほとんどの公共交通に乗ることができた。

東京の鉄道は時間に正確で案内も丁寧だ。その点では世界のトップレベルに位置していると筆者も思う。しかし多くの事業者によって運行されていることが、わかりにくさにつながっていることは認識すべきだろう。

海外の大都市では同じ都市内の鉄道は同一事業者で運行されるのが一般的であり、そうでなくても運賃は統一ルールが導入されることが多い。

パリはパリ交通公団RATPとフランス国鉄SNCF、シンガポールはSBSトランジットとSMRTトレインズという複数の事業者が運行しているが、運賃体系は一律であり、乗り換えのたびにゼロから計算し直すことはない。乗車券も共通だ。

五輪までにわかりやすいシステムを

さらに欧州の多くの都市ではゾーン制が導入されている。公共交通の走行環境を時間や距離を考慮したいくつかの範囲(ゾーン)に分け、それを基に運賃を定めるものだ。東京でいえば山手線内をゾーン1、23区内をゾーン2と分けるような内容である。

その土地に住む者にとっては、実際の移動距離と一致しない運賃体系に不満が残るかもしれないが、東京の地理を知らない観光客にとってはゾーン制のほうが理解しやすいはずである。

空港の入国審査で外国人のことをAlienと表記したり、国会前交差点がKokkaiと書かれていたり(いずれも現在は変更されている)、日本のモビリティシーンは外国人への配慮が足りない面が多かった。

それは表記に限った話ではないと認識している。2020年東京五輪・パラリンピック開催までに、グローバル基準で理解しやすい環境整備が望まれる。

著者
森口 将之 :モビリティジャーナリスト

<関連記事(東洋経済オンライン)>

ジャカルタの鉄道は、駅も「日本」を見習った

東京の満員電車対策は「ロンドン」に学べ

「英国の新幹線」が日本の道を昼間走った理由



【東カレ男子に質問!エリア別出会いの場アンケート】

丸の内、銀座、六本木、渋谷、恵比寿、中目黒、代官山、表参道、世田谷近辺で
働いている、または住んでいる東カレ男子の皆様!

『異性と出会える店』『仲良くなれる場所』『よく行く店』をぜひお聞かせください。

ご回答いただいた中から抽選で10名様を『オンライン東カレNIGHT』へご招待させていただきます!

※回答所要時間:約2分

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/VTFWNML1

【東洋経済・東京鉄道事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo