結婚維持活動 Vol.1

結婚維持活動:婚活よりも大変な、結婚生活の“維持”。その秘訣とは?

東京の婚活女子たちは勘違いをしているかもしれない。

婚活を終えれば、それでハッピーエンドだと。

だが、生活を共にし始めてからが本番。婚活の次は、夫婦生活を継続するための「結婚維持活動」が必要ではなかろうか。

ー人間は判断力の欠如によって結婚し、 忍耐力の欠如によって離婚し、 記憶力の欠如によって再婚する。

フランスの劇作家、アルマン・サラクルーの言葉のように、「結婚維持」のキーワードは果たして、忍耐なのか?

この連載では、東京で「結婚維持活動」に勤しむリアルな夫婦の姿をお届けしよう。


<今週の結婚維持活動に励む妻>
名前:いずみ
年齢:33歳
職業:外資系消費財メーカー勤務
結婚生活:5年目

気ままなDINKSライフ。一見、何の悩みもない暮らし


通勤に便利だからと、ここ北品川のタワーマンションに住み始めて、もう5年になるでしょうか。

銀座や六本木に出るのも便利だし、家賃の割に高級感のあるゲストルームや内廊下も、お部屋のある32階からの眺望も、遊びに来た友人達からの評判がとても良いんです。

間取りは1LDKなのですが、共働きの夫婦2人で住むには十分。結婚した時から、私たちは子供を持たないと決めていました。

と言うよりも、私が昔からそこまで子育てに興味が持てなくて…。なんだか、苦手なんですよね。

でも、夫婦2人でも私は全く寂しいなんて思いません。仕事も忙しくやりがいがありますし、趣味にも没頭できる。

今はもう辞めてしまいましたが、夫と2人で六本木のスタジオまでフィールサイクルに通っていたこともありますし、年に2回は主に南の島への海外旅行を楽しんでいます。

悩みですか?いえ、強いて言えば、なんですが…。

【結婚維持活動】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo