土日に会えない男 Vol.3

「信じられない…」週末になると音信不通になる32歳男が、青山でコッソリしていた意外なこと

女は、会っている時間に愛を育み、男は、会えない時間に愛を育てる…!?

平日は全力で働き、週末は恋人と甘い時間を過ごす。

それが東京で生きる女たちの姿だろう。

でも恋人と、“週末”に会えないとわかると、「いったい何をしているの?」と疑心暗鬼になる女たち。

これは、土日に会えない男と、そんな男に恋した女のストーリー。

◆これまでのあらすじ

IT企業で働く笹本美加(28)は、脚本家の釘宮海斗(32)と知り合い、瞬く間に仲が進展する。だが土日だけは彼と連絡が取れない。しかも、それは2週連続で…。

▶前回:「信用できると思ったのに…」初めてお泊りした2日後、急に音信不通になる男の本性


2nd weekend 「本当の、言い訳」

「海斗さんって、土日は何してるんですか?」

脚本家、という特殊な職業の釘宮海斗は、この手の質問をよくされる。

土日はほとんど仕事をしている。ただ、その理由を説明するのが面倒で、いつもは適当に返事をしたり、答えを濁したりする。

が、あの夜は違った。

知り合いのホームパーティーで知り合った彼女――IT会社で働く笹本美加――に、海斗は、心を奪われていたからだ。

凛とした立ち姿…。手入れが行き届いた髪…。美しい箸の使い方…。本当に美味しそうにワインを飲み干したあとの笑顔…。「コンプレックスなんです」と言った低い声…。

海斗の一目惚れだった。だから、彼女の質問には、正直に答えた。

「土日は、…ほとんど仕事してますね」

それから2週間ほどで、彼女との距離が一気に縮まり、海斗は、完全に恋に落ちた自覚がある。

しかし、美加と出会ってから1度目の“土日”は、いつものように外界の連絡を遮断して執筆に没頭してしまった。その結果、美加のLINEを無視することになった。

週明けに、その事実に気づいた海斗は、焦って美加に連絡した。彼女に謝罪し、連絡できなかった理由を丁寧に説明したのだ。

そして、2度目の“土日”を一緒に過ごそうと提案すると、美加は、快諾してくれた。

これで万事うまくいった、と思っていたのだが、その直後、海斗はふたたび大失態を起こしたことに気づく。

【土日に会えない男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo