マウンティングの虚像 Vol.6

不毛なマウンティングから抜け出すには、塩対応と哀れみの心を身に着けよ

―マウンティングとは霊長類に見られる、社会的序列の確認と自己顕示のための行為。

東京の女たちは今日も霊長類のごとく、笑顔の裏でマウンティングを繰り広げている。

だが、一部の女は気づき始めた。 マウンティングは、虚像でしかないことを。

果たして、その世界から抜け出した先には、どんな世界が広がっているのか。

マウンティング世界の向こう側を、覗いてみたくはないだろうか。

東京でそれぞれの価値観で生きる、大手出版社に勤める麻耶(26歳)、港区女子・カリナ(27歳)、マウンティングとは無縁な女・玲奈(26歳)の3人。

麻耶は、カリナ主催の食事会の前に自分の彼氏スペックにダメ出しされ、これまでにない精神疲労を味わい、激しく落ち込んでいた。


マウンティング合戦を経て気がついたこと。


麻耶は化粧直しに立ち、鏡に映る自分を見ているうちにあることに気がついた。

相手から激しいマウンティングを仕掛けられても、そこにうっかり対抗してしまう場合のみ、ドッと疲れるということに。

聞き流している時は「カリナって変わってる」と思って終わるのだが、自分のコンプレックスをチクリと刺激された時にやり返そうと応戦してしまうと、その後の疲労感が半端ではない。

少しずつ、モヤっとした黒いものが心の中に蓄積してしまう。

相手の意地の悪い言葉に反応せずに、さらりとかわせればどんなに楽だろうか。この間出会った玲奈なら、同じことを言われてもきっと大した反応をしないだろうと麻耶は考える。

「もう、今夜は食事会でマウンティングされてもスルーしよう…。」

新たな精神的葛藤を避けるため、そう決意した麻耶であった。

【マウンティングの虚像】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo