マウンティングの虚像 Vol.5

「彼氏と割り勘旅行なんてありえない」と、上から目線で不要なアドバイスをしてくる女

―マウンティングとは霊長類に見られる、社会的序列の確認と自己顕示のための行為。

東京の女たちは今日も霊長類のごとく、笑顔の裏でマウンティングを繰り広げている。

だが、一部の女は気づき始めた。 マウンティングは、虚像でしかないことを。

果たして、その世界から抜け出した先には、どんな世界が広がっているのか。

マウンティング世界の向こう側を、覗いてみたくはないだろうか。

東京でそれぞれの価値観で生きる、大手出版社に勤める麻耶(26歳)、港区女子・カリナ(27歳)、マウンティングとは無縁な女・玲奈(26歳)の3人。

玲奈の価値観に影響され、カリナとのマウンティングに嫌悪感を覚えながらも、カリナからの食事会の誘いを断れない麻耶だった。


今の彼氏じゃ、ダメですか?


この婚活戦国時代に彼氏がいる。普通なら、それだけで満足すべきなのかもしれない。

だが悲しいかな人は、「もっと上」を目指してしまうように出来ているらしい。

麻耶には付き合って4ヶ月になる彼氏、潤がいる。32歳になる商社マンの潤とは、カリナとは別の友人主催の食事会で知り合い、......


【マウンティングの虚像】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo