港区内格差 Vol.4

港区内格差:男の価値は、店選びで決まる。レストラン偏差値で測られる港区内ランク

港区であれば東京の頂点であるという発想は、正しいようで正しくはない。

人口約25万人が生息するこの狭い街の中にも、愕然たる格差が存在する。

港区外の東京都民から見ると一見理解できない世界が、そこでは繰り広げられる。

これはそんな“港区内格差”を、凛子という32歳・港区歴10年の女性の視点から光を当て、その暗部をも浮き立たせる物語である。

港区内で頂点を極めた者に与えられるキングとクイーンの称号。クイーンとなり、港区女子を卒業した凛子は、市原という男に声をかけられる。


—凛子さん、今日も良いお天気ですね。ところで明日の夜、ご都合いかがでしょうか?『ワギュウマフィア』へご招待したく。

佐藤のホームパーティーで出会った市原からのLINEは、思いのほか早くやってきた。

港区屈指の高級住宅地・永坂町に住む市原。年齢は38歳くらいだろうか。

今まで、何人もの男性に出会ってきたが、港区で出会う男性は共通して、ある種の香りがする。

野性味が溢れながらもどこか乾いた、オークのような、そんな香り...。

古い香水瓶に閉じ込めていたような独特の香りだが、一度その香りを覚えると、ふとした瞬間に懐かしく思い出す。

しかし市原からはそんな港区的な香りはまったく感じられなかった。だからこそ、掴みどころがなく、それがたまらなく凛子を不安にさせる。

—明日の夜は『ワギュウマフィア』へディナーに行ってきます。

出張中の雅樹にLINEを送ると、つまらなそうな返事が返ってきた。

—誰と行くの?会員じゃないと行けない店だよね?

男性のランクは行く店で測り知れる。店の予約方法、座席の場所、何より予約が取れない店に行けるか否かで一気に格差が広がる。

—美奈子が会員なの。

小さな嘘をついた自分に対し、チクリと胸が痛んだ。

【港区内格差】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo