二人の男で Vol.8

知ってしまった、愛する婚約者の裏の顔。一途な独身男がまんまとハマった、狡猾な罠

愛するか、愛されるか。

東京の賢き女は愛されることを選び、愚かな女は愛を貫くというのは、本当だろうか。

堅実な優しい男と、危険な色香漂う男。

麗しき20代の女にとって、対極にある“二人の男”の間で揺れ動くのは、もはや宿命と言える。

そんな彼女の苦しみが、貴方には分かるだろうか。

主人公の詩織・29歳は、年下の男・正男と婚約中だが、年上の男・英一郎との道ならぬ恋にのめり込んでいく。そんな密会現場を偶然目撃したサキは嫉妬に燃え、正男への告げ口を決意した。


―自分の手の中に、一人の女の運命が握られている。

そんな風に思うと、サキはつい気分が昂り、口元が厭らしく緩んでしまう。

いくら詩織という女が美人とはいえ、昨今の東京では、アラサー女が理想の結婚に辿り着くのは決して簡単ではない。

あの女がどんな心づもりで他の男と会っているのかは知る由もないが、とりあえず、有望な独身男が彼女にとられるのは何としても阻止したい。

―CAの女なんて、中身は空っぽに決まってる。ちょっとモテて調子に乗ってるんだわ

正男という堅実な男と婚約しておきながら、金持ちそうな年上男と火遊びを楽しむ女。しかも彼女は、いかにも従順で清楚な風貌を装っている。

哀れな正男は、あの女狐に完全に騙されているのだ。

サキは意を決し、社内メールを正男に送信した。

―正男くん、大事な話があるの。今週、どこかで少し話せる?

【二人の男で】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo