レモンサワー特集 Vol.2

流行りのレモンサワーの作り方が大変な事に!超旨い最先端レモンサワーが飲める店6選

レモンサワーが注目されて久しいが、ただ流行っているからと、普通のレモンサワーを飲んでいても楽しくない!ある程度酒を嗜んできた大人なら、昔ながらのレモンサワーではなく、最先端なものをチョイスしたいものだ。

そこで今回は清涼感と苦味のマリアージュが新しい丸絞りレモンサワーと、氷代わりにレモンを採用した凍結レモンサワーをご紹介!進化系レモンサワーの2大勢力を楽しもう!

生おろしレモンサワー¥600 。奥に見えるブレンダーの中に原液が。少しの塩が味を引き締め、シャッキリと飲みやすい一杯に仕上がる

丸ごとレモンを粉砕。ほろ苦く、舌触りも官能的で、クセになる
『食堂 とだか』

五反田

何でも粉砕しそうなブレンダーがカウンターの一角に鎮座。内容を店主・戸高雄平さんに尋ねると「種を取っただけの丸ごとレモン。それから、レモン水と少しの塩」とニヤリ。オーダーが入るたびに、その原液とキンミヤ焼酎を合わせ、一杯を作っていく。

着想の源は調味料の塩レモン。使っていて、皮も入っていることに気付き、ならば、レモンサワーも「皮ごとで美味しいはず」と誕生。ツブツブした舌触りも快感だ。

ウニ・オン・ザ・煮玉子¥600。写真は2人前。名物にもレモンサワーはバッチリ。ほのかに甘いタレが合う

うなぎの肝串×パルメザン。パルメザンの旨みとほろ苦い肝の味がレモンサワーとリンク

ノスタルジックな雰囲気の空間。小さなカウンターのみの店内はいつ行っても満席状態

すりおろしレモンサワー。新しいスタンダードにこだわる店主渾身の一杯

下町で愛されるレモンサワーを、己の創意で進化させた、力強い一杯
『是屋』

北千住

打ちっぱなしのコンクリートの壁、黒を基調とした店内は洒落た雰囲気。「けど、やっていることは下町の親父仕様(笑)」と店主の井上紀之さん。

だから、レモンサワーも当然あってベースはキンミヤ。「この焼酎を美味しく飲むために」考えたのが自家製レモンサワーだ。冷凍した国産レモンを丸ごと鰹節のように削って作る。「庶民的な味を自分なりの手法で」。苦くて塩気もしっかり。北千住らしく武骨で力強いが、旨い。

削ったレモンは塩や砂糖で調味し、キンミヤ焼酎と合わせてストック。注文が入ったらこの原液を適量、ソーダと合わせ、提供する。苦みも効いているからか、飲み疲れもしない

大海老丸ごと入りメンチカツ。海老カツからヒントを得て、海老を丸ごと使う大胆な発想から誕生

特製タレかけポテトサラダ。芋感があって濃厚

打ちっぱなしのコンクリートとウッドがスタイリッシュな内観

すりおろしレモンサワー。一年前に遡る開店当時から提供

優しい苦みとほのかな甘さで、口直しでも、〆でも美味しい
『SUGAR Sake & Coffee』

阿佐ヶ谷

燗酒と冷やにこだわり、日本酒を厳選する店主の佐藤健一さんと麻衣子さんだが、飲み疲れたときや、日本酒目的でない人のために開発したのがレモンサワー。

世に、すりおろして作る一杯があることを知り、独自に研究。チーズなどが一般的なグレーターで、する手法を編み出した。「この方が細かくおろせるんです」と麻衣子さん。ほのかに甘く、そして、心地良く苦い味わいは「〆に飲む方もいらっしゃる」。至極、納得。

冷凍したレモンは皮ごとグレーターを使って手作業ですりおろす。調味はほんの少しの砂糖で。レモン果汁も加えたらレモンサワーの素が完成する

黒酢酢ラム。料理は中華・エスニックが中心。パンチある本物の味わいにレモンサワーも進む

麻婆豆腐。こちらもビシッと辛くて香りも豊かな美味しさだ

カジュアルでラフな雰囲気の店内は、いつも常連客で賑わっている

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo