年収3,000万の夫 Vol.11

夫の年収は、私のモノ!!ジャイアンの如く、年収3,000万の夫を搾取する妻

ー年収1,000万円では、都心で豊かな暮らしを求めることはできない。

結婚後も都心暮らしを視野に据える賢い女性なら、肌感覚として誰もが知っていること。

現実的には年収2,000万円以上あれば...そう考えつつ、年収3,000万円と聞けば浮き足立つ女がいる。

国税庁の「民間給与実態統計調査」から推計すると、年収3,000万以上を稼ぎだすのは、約500人に1人以下。人口の0.2%程度。

そんな経済的に恵まれた男性の妻の座を獲得したのは、一体どんな女たちなのだろうか。

その婚活戦略や結婚後の実態をお届けする。

これまでに、年収1,000万では暮らせないと嘆く真美、同期が偶然御曹司だった麻衣、慶應幼稚舎出身のエリート夫を特別枠で手に入れた典子、無駄な女子会を捨て、結婚したさおりなどを紹介した。今週は?


【今週の年収3,000万の夫を持つ妻】

名前:愛子(29歳)
夫の職業:広告代理店経営(33歳)
夫の年収:3,000万
結婚前の職業:看護士
住まい:青山

女が切に結婚を願う時


愛子は元々看護士として都内の大病院に勤務しており、4年ほど前に美容皮膚科に移った。

美容皮膚科に勤めていると言われれば納得する、1ミリの隙もない綺麗な肌。顔は驚くほど小さく、長い睫毛が際立って見える。

そんな、少し人工的な雰囲気を醸し出している愛子が年収3,000万の夫を手に入れたのは、自分の稼ぎだけではどうしようもないと早い段階で見切っていたからだと言う。

愛子の結婚前の年収は約500万。ボーナスはなかったため、毎月35万弱の手取りだ。

「普通の女性が一人で生きていく分には問題のない年収だったかもしれません。でも、このまま一生仕事を続けていけるのか常に不安でした。」

美容皮膚科に移ったことで、夜勤もなく仕事内容は楽になった。しかし将来に漠然とした不安も抱いていた。

ー仕事は好きだし、続けたい。でも自分の稼ぎだけでは限界値が見えている。

「自分一人で住むには、せいぜい家賃12~3万が限界でしょう。バーキンも買えなければルブタンも好きには買えない。そんな生活、都心では満足できないから。」

愛子の欲望を満たすには、誰かの力が必要だった。

切に結婚を願っている時に出会ったのが、今の夫・貴浩だ。出会いは食事会だったがお互い好意を持ち、すぐに交際へ発展した。

“これで結婚相手が見つかった...”と胸を撫で下ろしたが、思わぬ誤算が待ち受けていた。

「まさかの“結婚願望はない”と貴浩から宣言されたんです。」

出会った当時、愛子は27歳、貴浩は31歳。彼はまだまだ働き盛り、遊び盛りだった。

【年収3,000万の夫】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo