港区おじさん Vol.10

仏かよ!何でも「いいよ」と囁く港区おじさんの優しさが、港区女子を舞い上がらせる

港区女子は、それ単体では存在し得ない。

彼女たちの影には、太陽と月の如く、欠かせない相手がいる。

ー港区女子を生み出しているのは一体誰なのか

その正体は、“ありあまる富”を持つ、港区おじさん。

彼らはいかにして港区女子と関係を持つに至り、どのようなライフスタイルを送り、そして、何を考えているのか。

ベールに包まれた港区おじさんの実態に迫っていく。

これまでに、港区おじさんの必需品・タンバリン男と呼ばれる春彦、港区女子の専属“おしょくじがかり”となっている修造、港区おじさんジュニアの智也などを紹介した。今週は、少年のような心を持つ真一を紹介する。


【今週の港区おじさん】

名前:真一
年齢:46歳
職業:イベント関連会社経営
好きな店:『龍吟』『菊乃井』
好きなタイプ:透明感のある強気な子

何でも“いいよ”と言ってくれる港区おじさん


真一は強面である。180cmある身長に加え、体格も良いため中々の迫力だ。しかしそんな見た目とは裏腹に、物腰が柔らかく、温厚な性格だ。

「女性に対しては...自分で言うのも何ですが、優しいと思います。」

昔から良い男には変な女がつき、良い女には変な男がつくというのが世の常だ。性格も良く、稼ぎもある真一には飴に群がる蟻の如く、港区女子が寄ってくる。

気に入っている港区女子が、デートに他の女友達も一緒に連れて行きたいと言っても“いいよ”と言ってくれる。

どこか旅行へ行きたいと言われれば“好きな所を選んでいいよ”と言って旅行を手配してくれる。

誕生日がなぜか年に二回ある(例えば、誕生日一ヶ月前の“プレ誕生日”など)港区女子のために、二度誕生日祝いをしてあげたこともある。そして彼女がいる時は、関係ない彼女の友達の誕生日会まで真一が全て費用を持つこともある。

基本的に、好きな女性からの頼みごとにNOと言わない真一は、港区でこう呼ばれている。

「何でも“いいよ”と言ってくれる、最高の港区おじさん。」

【港区おじさん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo