これで2,800円でディナー! 都内最強コスパの老舗フレンチビストロ解剖!

東京都内で一番お得でボリュームがすごいと有名なフレンチビストロがある。1人前2800円とは思えない量とクオリティを誇る『ラミティエ』だ。

訪れる人の胃をいつも大満足させてくれる名ビストロのディナーコースを紹介しよう。

ディナーコースは前菜とメインを1種ずつ選ぶスタイル。

前菜&メインは一人ずつ違う品を選べるのも楽しい!

まず席についたら各7~8種ほどの前菜とメインの中から、好きな料理を1品ずつ選ぼう。メニューは仕入れ状況などにより変更があるので、訪れる度に新たな味に出会えるのも嬉しい。

この日は前菜に「イベリコ豚と鴨のリエット」、「田舎風お肉のパテと大和ポークハム、スペイン産チョリソー、サラミ、バイヨンの生ハム」を、そしてメインには、「フランス産 鴨のコンフィー」、「アッシュパルマンティエ」をセレクト。

「イベリコ豚と鴨のリエット」

前菜からメイン並みのボリューム感に歓喜

前菜が運ばれてくると、間違ってメインが先に運ばれてきたのかとさえ思ってしまうほどの量に驚かされる。

「イベリコ豚と鴨のリエット」は、フランスでは家庭でもレストランでも食べられる定番料理のひとつ。イベリコ豚を使用していることで、かなり食べ応えのある味わいに仕上げられている。

リエットの量に合わせて、野菜もたっぷりと盛られているのも嬉しい。

「田舎風お肉のパテと大和ポークハム、スペイン産チョリソー、サラミ、バイヨンの生ハム」

「田舎風お肉のパテと大和ポークハム、スペイン産チョリソー、サラミ、バイヨンの生ハム」も、ボリューミー!全6種類のシャルキュトリーを楽しめる。

豚肉、豚レバーを合わせて網脂でまとめた田舎風お肉のパテにはじまり、サラミやチョリソーなどこの一皿でワインがどんどん進んでしまうはず!

また、シャルキュトリーの箸休めとして、バスク地方で食べられるピーマンと生ハムのトマト煮も添えられており、ピクルスやオリーブとともに、楽しみたい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo