大人の目黒 Vol.1

大人はもう恵比寿じゃない!?真のグルメが足を運ぶ雰囲気抜群の目黒の店7選

イカとウニの風味が絶妙にはまり、口のなかで繊細にほぐれる。米は新潟のコシヒカリを蒸しかまどで炊いている。メニューは一例

ひと晩にして旬の食材を多数味わえる、鮨屋のライブ『鮨 りんだ』

目黒

鮨屋にしては珍しい店名の由来は、店主・河野勇太さんの娘さんの名前であり、もとをたどれば、ブルーハーツに行き着く。

ユニークなのは店名だけではない。河野さんが提供するのは、つまみと握りによる20種以上の旬の食材。

また実家が愛媛県・宇和島のみかん農家であり、その手製のジュースもはっとするほど旨い。

店主の河野勇太さんは東京とNYでの修行を経て独立

ひと晩にしてさまざまな食材が楽しめ、それはさながら鮨屋のライブのよう。

お客の好みや酒の様子に合わせ提供してくれるので、気楽に身を委ねるように愉しめる。

※現在こちらの店舗は『ワイン食堂 un jour』に店名を変更しております。

ウッドを基調とした店内に並ぶのは、ワインの空きボトル。本店の雰囲気そのままに本格的なビストロ料理が味わえる

敬愛を集めるパリのビストロが目黒通りに上陸『le verre volé à tokyo』

本場パリ10区の人気ビストロ『Le Verre Volé』から、暖簾分けする形でオープンした『le verre volé à tokyo』。

ガラス張りの赤い扉を開け細長い店内に入ると、まず目を引くのが壁面のラックにずらりと並ぶワインボトル。パリの本店に倣って、ボトルに価格を書き、ワインリストの代わりとしているのだ。「ナチュールビストロ」を謳う本店同様、フランスの自然派ワインだけを150種類ほどラインアップ。メニューも素材を重視したシンプルな料理を中心に、本場パリの味が堪能できる。

沖縄の豚の血と脂を使用している「ブーダン・ノワール」、「コート・デュ・ローヌ」

人気はやはりビストロの定番メニューであるブーダン・ノワールやテリーヌ・ド・カンパーニュ。特に、ブラッドソーセージをテリーヌ形に成形した名物ブーダン・ノワールは、表面はカリッと香ばしく、中はしっとりジューシーな仕上がり。それらの味のコントラストを確かめていると、凝縮された香りが一気に放たれ、思わずワインを欲してしまう。

開店直後から席が埋まり始め、小一時間もすると満席状態に。ここ東京で本場パリの味、雰囲気を存分に楽しもう。

人気の「テリーヌ・ド・カンパーニュ」

目黒通り沿いの赤い扉が目印



【東カレSUMMERプレゼントキャンペーン】

アンケートに答えて素敵な賞品をGETしよう!
アンケートはコチラから!

【大人の目黒】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo