世界を魅了し続けるフレンチの巨匠が、ついに本気の「日本酒ペアリングコース」を展開中!

NYで絶大なる人気を誇るジャン・ジョルジュ氏。彼の最高級レストランとして『ジャン・ジョルジュ 東京』を六本木にオープンさせたのが、2014年。早くも2年が経過し、東京のグルメ感度の高い人々を時には驚かせ、常に満足させ続けている。

その『ジャン・ジョルジュ 東京』の新たな試みとして、2017年から”日本オリジナル料理”の提供が決まった。
そしてさらに、先月よりコースの各料理に合わせて日本酒を提供する“日本酒ペアリング”もスタート。世界32店舗のジャン・ジョルジュの中でも初の取り組みだ。

大人のしっぽりデートで日本酒の新たな魅力にハマりたい人は『ジャン・ジョルジュ 東京』へ、ぜひ出かけてみて。

「雲丹トースト ハラペーニョと柚子」

多彩な味をジャン・ジョルジュらしさに落とし込んだ、日本オリジナル料理

アジアで働き、旅をするなかで、東アジアのエキゾチックでスパイスの香り豊かな味に魅せられたジャン-ジョルジュ氏。日本で初めて生の魚を食べてカルチャーショックを受けるとともに、新鮮で滋養溢れる食材、そして対照的な味で構成される日本料理に魅了されたのだとか。

『ジャン・ジョルジュ 東京』でふるまわれる料理は、ニューヨークの旗艦店で提供している、NY料理界の至宝ジャン-ジョルジュ氏の代名詞ともいえる料理を中心とした、ベスト・オブ・ベストなメニュー構成。そこに、日本料理を好むジャン-ジョルジュ氏らしく、生姜・ワサビ・柚子・出汁や日本の四季を色濃く反映する食材を使用することで、素材を活かした活力あふれる料理がさらに輝きを増している。

「本マグロのタルタル アボカド、ラディッシュ ジンジャーマリナード」にペアリングするのは「醸し人九平次」(愛知県:萬乗醸造)

そんな『ジャン・ジョルジュ 東京』で日本オリジナル料理を手掛けるのは、当店のシェフ・ド・キュイジーヌで、NY本店でスー・シェフを務めたジャン-ジョルジュ氏の愛弟子、米澤文雄氏。

日本人の繊細な味覚に合わせて「甘み」「塩味」「苦味」「うま味」などの多彩な味を、『ジャン・ジョルジュ 東京』の特徴である「酸味」や「辛味」にバランス良く表現。それができるのは、独創的な料理を生み出すジャン-ジョルジュ氏ならではの類まれなセンスを受け継いだ米澤氏だからこそ。

2017年の初デートは、馴染み深い日本の伝統食材を巧みに取り入れた最高級フレンチを味わいに行こう。

(写真左から)新潟県産 八海山 浩和蔵仕込、高知県産 美丈夫 特別純米

世界32店舗で初となる“日本酒ペアリング”

11/23(水)から始まったのが、コースの各料理に合わせて日本酒を提供する“日本酒ペアリング”。ジャン-ジョルジュ氏が展開する世界32店舗の中で、初めての取り組みだ。インターナショナルで革新的な料理スタイルに合わせて、日本酒は風味高く、料理とマリアージュできるものを厳選。

日本酒のセレクトは、世界のベストレストランで腕を磨いた当店ソムリエの藤原龍氏らソムリエチームと、同資格も持つ米澤氏。銘柄は季節によって入れ替え、しばらくは純米・純米大吟醸をベースに、にごり酒も加えた11銘柄を用意。価格は4杯5000円(税・サ別)からの設定となっている。

おすすめのペアリングをご紹介!
「エッグキャビア」 × 「八海山 浩和蔵仕込」(新潟県:八海醸造)

「エッグキャビア」

「八海山 浩和蔵仕込」(新潟県:八海醸造)と合わせるのは、ジャン・ジョルジュのシグニチャー料理「エッグキャビア」。

八海山 浩和蔵仕込

端麗な中にもうま味をそなえた、バランスのよいプレミアム日本酒がキャビアの塩気を包み込み、キャビアのうま味と酒のうま味が口の中で重なり合う。

「大粒ホタテとカリフラワー ケーパーレーズンエマルジョン」 × 「美丈夫 特別純米」(高知県:濱川商店)

「大粒ホタテとカリフラワー ケーパーレーズンエマルジョン」

「大粒ホタテとカリフラワー ケーパーレーズンエマルジョン」には、「美丈夫 特別純米」(高知県:濱川商店)を合わせて。

美丈夫 特別純米

ケッパーとレーズンの甘酸っぱいソースがかかった「大粒ホタテとカリフラワー ケーパーレーズンエマルジョン」は、アルザスワインを彷彿とさせる濃艶なペトロール香が漂いう日本酒との相性抜群!

他にも珠玉の料理たちが、ゲストのハートを射抜く

「仔鳩のロースト オニオンコンポートとコーンパンケーキ」

「トランペット茸をまぶした仔羊 ネギとマッシュルーム」

「ロブスター タルティーヌ レモングラス フェヌグリークソース」にペアリングするのは、「醍醐のしずく」(千葉県:寺田本家)

シェフの目の届くなかで料理が提供される14席のカウンター席は料理人の躍動する姿を、2Fのテーブル席では1Fとは対照的な空間で食事を楽しむことができる。

■店舗概要

店名:ジャン・ジョルジュ 東京
住所:港区六本木 6-12-4
六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り1F
電話:03-5412-7115
定休日:無休
公式HP:http://www.jean-georges-tokyo.jp/

クリ2DY詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo