エビージョ! Vol.9

無駄な出会いはもう結構!! エビージョ、27歳の市場価値と30歳のタイムリミット

そのブランド力に惹かれ、多少背伸びをしてでもセルフ・ブランディングのために恵比寿に住む女性がいる。

恵比寿に生息する恵比寿女子、通称、“エビージョ”。

一見華やかに見える彼女たちには、窺い知れない裏の顔がある。

そんな典型的なエビージョであるマナミは、年収1,000万円のテレビマン・裕太を巡り、目黒女子・早希と戦うことに。しかし裕太と関係を持ち、早希に勝ったと浮かれていたマナミだが...


今日という日が人生で一番若い日だから


二日酔いの日に限って、どうしてこんなに爽やかな快晴なのだろうか。

渋谷橋の歩道橋を渡りながら、二日酔いの回復食として最適な(最適だと自分では思っている)お蕎麦を食べるために、『松玄』まで向かう。足取りはフラフラしていた。

「もう二度とお酒なんて飲まない。もう二度と男なんて信じない...」

独り言のようにつぶやきながら、無駄に晴れた空を見上げる。


—27歳、なのになぁ...—


昔は27歳なんて、もう結婚して、子供も一人くらいいると信じて疑っていなかった。しかし現状は、目黒女子の早希と張り合い、勝ったと思って浮かれていたら、マナミに気があるかと思っていた男性・裕太に逆に遊ばれていた。

結局、彼氏さえいない。
確実に歳は取っていく。
それに比例して、確実にモテ度は下がっている。

【エビージョ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ