エビージョ! Vol.4

年収1,000万でも「なんか違う...」エビージョが男に求める“普通”の基準は変ですか?

住みたい街ランキングでは常に上位にランクインする街、恵比寿。

そのブランド力に惹かれ、多少背伸びをしてでもセルフ・ブランディングのために恵比寿に住む女性がいる。

恵比寿に生息する恵比寿女子、通称、“エビージョ”。

一見華やかに見える彼女たちには、窺い知れない裏の顔がある。

そんな典型的なエビージョであるマナミは、杉並区女子・佳奈恵に50代の仮氏を取られ、港区女子・楓に頼んで大物を紹介してもらったのだが...


東京男子、三日会わざれば刮目して見よ


目の前にいる優良物件・ハルキの可能性をなぜ3年前に見破れなかったのだろうか...東京に来て、恵比寿に住んで様々な人に出会い、人を見る目も養われていたはずなのに...。変化の激しい東京では、男のランク変化は容易に起こり得ること。一年ならぬ三日で男は大きく成長することもある。

過去の自分を悔いていると、ハルキから思わぬ一言が飛び出した。

「実は俺さ、あの時マナミちゃんに全く相手にされなかったことで、闘争心に火がついたんだよね。絶対に頑張って、認めてもらえるようになろうって。マナミちゃんのお陰だよ。ありがとう。」

ハルキの笑顔がグサグサと胸に突き刺さる。昔失礼な態度を取った自分に対して、こんな言葉を言えるハルキって、何て素敵な人なんだろう。

「ハルキさん、あの時は本当に失礼しました。私も若かったと言いますか...でも、もしよければ、今日からやり直しということでどうでしょうか!」

ハルキの笑顔が炸裂する。胸が高鳴る。
こんな人に出会えるのを待っていた。運命の人に、ようやく出会えた!

「そうだね、これからも良い友達ってことで」

パリーンと心が砕ける。笑顔が引きつったまま、動けなくなった。

【エビージョ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ