エビージョ! Vol.2

エビージョ!:女はズルく、賢く、美しく。損得勘定で振り分けた友達関係、その仇討ちとは?

住みたい街ランキングでは常に上位にランクインする、恵比寿。エリア特化型・東カレNIGHT初開催も、恵比寿にて10.26(水)に予定されている。

そのブランド力に惹かれ、多少背伸びをしてでもセルフ・ブランディングのために恵比寿に住む女性がいる。

恵比寿に生息する恵比寿女子、通称、“エビージョ”。

一見華やかに見える彼女たちには、窺い知れない裏の顔がある。

そんな典型的なエビージョである、3,000円の赤いソールを貼り、ルブタンもどきな靴に仕上げるマナミの恵比寿での日々を覗いてみよう。


“グリードの向こう側”にはまだまだ行けない


「嘘でしょ...やっばぁ...」

—先に帰って寝ます❤—

と言いながら、他の男に走った自分を責めた。
よりによって、何故この二人が一緒にいるんだろうか...

「あれ、マナミちゃん帰ったはずじゃなかったけ?」

「えーっと、その予定だったんですけど...ね、眠れなくて! 」

言い訳が虚しく空中分解する。気合いの入った下着をつけてきた自分が恥ずかしくなり、思わず下を向く。

何より嫌だったのは、裕太と紀行の周りには、いかにも“港区女子です”オーラを放っている派手な女性と、モデルさんのように綺麗な女性ばかりだった。

彼女達の冷たい視線を浴びながら「だから港区女子は嫌い」、と心の中で叫ぶ。エビージョより偉そうで、自分は頑張って手に入れたツテを、港区女子は既に余裕で制覇している。そしてあたかも“自分の男です”と言わんばかりに、SSクラス男性、社長や芸能人の隣に当たり前のように、我が物顔で座っている。

「うわ〜俺、こうゆう嘘つく女苦手だわ」

毒づく裕太の横には、クスクスと、やたらと細いモデルのような女性が笑っている。

二兎追うものは一兎も得ず。
昔の人って、本当に良いことを言うよね。

自分の欲深さが完全に裏目に出てしまった。“バッティングには要注意”、と心の中にメモを残して、25時過ぎでもまだ賑わう恵比寿の街を一人で歩いて帰った。

【エビージョ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ