執行役員リサとマリコ Vol.10

いよいよ明日で最終話!「執行役員リサとマリコ」全話総集編

「話題のIT企業に初の女性執行役員、登場!」

2016年1月、各メディアがこぞって取り上げた。

大手IT系メディア企業CNA初の女性執行役員に抜擢された、リサ。弱冠28歳での就任だった。

これは、“夢中で仕事していたら、いつの間にかここまで来ていた”と語る女子社員が執行役員として奮闘する物語−。

「執行役員リサとマリコ」一挙に全話おさらい!

第1話:「バリキャリ」なんてもう古い?28歳、女性執行役員誕生の裏側

「執行役員!?」

2016年1月。年明け早々社長室に呼ばれて、突然言い渡された。

リサ、28歳。ネット系メディア企業であるCNAに入社して6年目。確かに、プロデュースした事業は幾つかヒットして軌道に乗ってきたが、この辞令は青天の霹靂だった。

第1話の続きはこちら

第2話:28歳での昇進と強まる孤独感。男女の垣根を越えた同期の存在とは?

平尾から出された難題に対し、いいアイディアが思い浮かばなかったリサは、同期の“こぶちゃん”を飲みに誘った。

彼は、男性向けライフスタイルメディア「ゴリラ」のプロデューサーで、穏やかな性格の癒し系男子。はっきりモノを言うリサとはいいコンビだった。

第2話の続きはこちら

第3話:執行役員リサに早くもライバルが!?買収劇で登場した新・女性執行役員

一連の買収劇は、連日マスコミをにぎわせた。特に注目を集めたのは、「B Channel」の女社長、和田マリコだ。

「美人社長・和田マリコ。キャピタルゲインでIT寵児に!」

「やり手の女社長」を体現したかのような美貌を持つマリコはマスコミウケも良く、あらゆるメディアで取り上げられた。

第3話の続きはこちら

第4話:ルブタンを鳴らして歩くマリコの登場で一気に加速する仕事と恋…?

平尾太一が心配しているのはリサの方だった。強かなマリコと違い、素直で一生懸命な性格で、見ているとつい助けてあげたくなってしまう。

そんなことを考えながら社内を歩いていると、社内のカフェスペースに真剣な表情を浮かべたリサがいた。声をかけようと近づくと、男の笑い声が聞こえた。

声の主は、取締役の加藤祐介だった。

第4話の続きはこちら

第5話:女の出世のメリットは○○を得ること?バリキャリ女子のしたたかな罠

バリキャリ系のキャリアウーマンの「仲間」という発言に、会場が静まり返った。さすが、と聞きいっている様子だ。今まで全く隙を見せなかった完璧ウーマンが人情味あふれる発言をしているのだ。会場の空気は一気にマリコのものになった。

一方のリサはその質問に対して完全にしどろもどろになっていた。

それもそのはず、最後の「仲間」の話は、リサが最後の締めとして話す予定だったからだ。

第5話の続きはこちら

【執行役員リサとマリコ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ