執行役員リサとマリコ Vol.3

執行役員リサに早くもライバルが!?買収劇で登場した新・女性執行役員

「話題のIT企業に初の女性執行役員、登場!」

2016年1月、各メディアがこぞって取り上げた。

大手IT系メディア企業CNAの初・女性執行役員に抜擢された、リサ。弱冠28歳での就任だった。

「仕事はすごく熱心だけど、中身は普通の女の子。」

彼女のことを、周囲の人間はそう評する。

これは、“夢中で仕事していたら、いつの間にかここまで来ていた”と語る女子社員が執行役員として奮闘する物語−。

執行役員就任早々、早速社長の平尾太一から1年以内に四半期営業利益10億円という難題を出されたリサ、同期のこぶちゃんにアドバイスを受け動画コンテンツに目をつける。しかし、社長の平尾太一にはすでに戦略があって…?


社長・平尾太一。M&Aへの目論見とは?


「B Channel」の美人女社長和田マリコと会い、買収の決意を固めた平尾太一は、水面下で着々と準備を進めていた。

「B Channel」の強みは、何といっても固定のファンがついていることだ。ネット業界のコンテンツの衰退は驚くほど早いが、「B Channel」の人気は根強い。

コンセプトは、「可愛いは、作れる!」。一重の一般人がぱっちり二重に変身する「整形メイク」や、1か月のダイエット企画で恋が実ったという「願いが叶うモテボディの作り方」などのヒット動画を数多く生み出した。不美人のニーズをがっちり掴んでいる。

実際、「B Channel」で有名になった女性が独立して会社を作る、というシンデレラストーリーまで生み出した。

先週マリコに聞いた月間アクティブユーザーも右肩上がりが続いていて、更なる成長が見込める。

また、「B Channel」はマリコが作った会社だが、友好的な買収ができるという確信もあった。彼女は必要と判断すれば事業を譲渡することは厭わないという。CNAの傘下に入れば技術面でも人材面でも「B Channel」をサポートできる。

調べれば調べるほど、平尾太一は「B Channel」の買収への想いを強くした。

しかし、そこに立ちはだかる、2つの壁があった。

【執行役員リサとマリコ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ