執行役員リサとマリコ Vol.2

執行役員リサ:28歳での昇進と強まる孤独感。男女の垣根を越えた同期の存在とは?


「話題のIT企業に初の女性執行役員、登場!」

2016年1月、各メディアがこぞって取り上げた。

大手IT系メディア企業CNAの初・女性執行役員に抜擢された、リサ。弱冠28歳での就任だった。

「仕事はすごく熱心だけど、中身は普通の女の子。」

彼女のことを、周囲の人間はそう評する。

女性の社会進出が当たり前になっている昨今。しかし、できれば出世したくないという女性も数多くいる。

これは、“夢中で仕事していたら、いつの間にかここまで来ていた”と語る女子社員が執行役員として奮闘する物語ー。

前回、早速社長の平尾太一から難題を出されたリサだったが…?


女性初の執行役員。避けられない悩みとは…


執行役員就任早々、社長の平尾太一から「1年以内に四半期営業利益を10億円にしてくれ」 という難題を課され、リサは頭を抱えていた。

仕事のプレッシャーと忙しさはもちろん、“女性初の執行役員”ということで、メディアからの取材が一気に増えたのも悩みの種だった。

女性向けのキュレーションメディア、「ラスカル」のプロデューサー時代も“今話題の女性ヒットメーカー”などと取り上げられることはあった。しかし、今回はその比ではない。

元々、人見知りしない開けっ広げな性格で、喋るのは好きだし得意だ。しかし今は、下手なことを喋れないというプレッシャーがある。

結局真面目に仕事の話をして、最終的には広報のチェックも入るので、かなり優等生的な記事になる。

「女性初の執行役員誕生!」

仰々しいタイトルの下で微笑んでいる自分を見ると、まるで自分ではない誰かが喋ったのではないかという感覚に囚われる。

女性初の執行役員、その肩書の重さに孤独を感じることもある。自分が出た記事を見ながら席に座り、大きく溜息をついた。

【執行役員リサとマリコ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ