• PR
  • ハズせない夜のために知っておきたい、王道“ロゼシャン”が堪能できる名店3選

    妥協なき醸造“マセラシオン法”によって生まれる味わいが、世界各国の美食家を魅了する「ローラン・ペリエ ロゼ」。

    年末年始など人々が集う機会が増えるこれからの季節、特別なシチュエーションをさらに印象深く刻む一本をぜひ。

    熟知した大人がハマる。食事に花を添える“真のロゼ”

    日本ではまだ馴染みの薄いロゼシャンパンだが、フランスでは男性がこぞってロゼを選ぶほどで、初夏にはキリリと冷やした一杯で喉を潤し、ホリデーシーズンの食事にも欠かせない。

    なかでもロゼシャンパンといえば「ローラン・ペリエ ロゼ」が一線を画する存在だ。英国王室御用達として知られる「ローラン・ペリエ」は、家族経営に徹したシャンパンメゾンとしては世界最大である名門。

    なかでも「ローラン・ペリエ ロゼ」は、ひときわ華やかな雰囲気を醸し出してくれる。フレッシュさと凛とした骨格ある味わいゆえに、料理との相性も抜群で、オンリストしているレストランには、自ずと空間、料理、接客すべてに“非日常の特別感”が伴う。

    大切な食事は、ジャンルではなく、シャンパンからお店を選んではいかがだろうか。

    さらに、この「ローラン・ペリエ ロゼ」を3名様にプレゼント!年末のホームパーティなどに華を添えてみては?詳しくは≫こちらをクリック!

    艶やかなディナーは特別なロゼで乾杯!

    グラスに注がれるサーモンピンクの輝きに、思わず目を奪われる「ローラン・ペリエ ロゼ」は、ジャンルを問わず、前菜からデザートまで多彩な料理に寄り添うことができる一杯だ。

    独創的なボトルデザインやエレガントな味わいが、食事のシーンや人々の心を華やかに飾る。そんなハレの日に訪れたい3軒をご紹介。名料理人が提案するロゼに合うメニューとは?

    両面を芳ばしくパリッと焼き上げた食感も楽しいフカヒレ。酢橘を搾ると、また違った味わいに。おまかせコースは¥14,040(ウォーターペアリング付き)。アルコールペアリングは8~10種で¥8,640~

    約30皿の“少量多種”中華をフルカバー『虎峰』

    六本木の路地裏にひっそりと誕生した一軒だが、瞬く間にその新たな中華料理のスタイルに食通たちから注目を集めている。気鋭の山本 雅シェフが供する料理は、25~30皿のおまかせコース1本のみ。

    「ほかにはないスタイルを」と少量多皿なのが同店のこだわりだ。小さなポーションながら手を掛けた前菜から始まり、魚介、点心、肉料理などへと続く。

    ピータン豆腐やよだれ鶏といった王道のメニューを押さえながら、海老のマリネにアメリケーヌソースと粉状のチーズを合わせたオリジナリティ溢れる逸品で驚きを与えてくれる。

    右・しっとり仕上げた鴨肉のローストに、生姜や辣油を効かせたしし唐のソースを添えて。左・マリネした海老をアメリケーヌソースでいただく。「目の前でかける3種のチーズのクリーミーさに、ロゼのコクが合います」と山本さん

    ならば、どんなシャンパンを選ぶべきか?「『ローラン・ペリエ ロゼ』の華やかな印象のなかにあるしっかりとした骨格が、料理の持つコクに重なり合いますね」と語る山本さん。

    深いコクを感じる鍵となるスープは、朝早くから厨房で丁寧に作られている。スペシャリテであるフカヒレは、ソテーには上湯を、煮込みには白湯を使用。特別感溢れる食材を「ローラン・ペリエ ロゼ」と共に味わえば、華やぎもひとしおだ。

    コース中盤にスープや温かな料理が登場する頃には、程良く温度が上がったロゼが、また違った相性を楽しませてくれる。

    大阪の四川料理店を皮切りに、恵比寿『マサズキッチン』で5年間の研鑽を積んだ山本 雅さん。2016年4月より『虎峰』料理長として手腕を発揮している。「贅沢なロゼで味わう食事は、思い出深い時間になりますね」

    内観

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ