東京イノセントワールド Vol.5

東京イノセントワールド:東京を背に抱き合ったあの日。禁断の果実の罠にハマる

欲望が渦巻き、誰もが成功を願う街、東京。

この大都会に長く住めば住むほど、大切な何かを失っていく気がしないでもない。

東京の独特な空気に飲まれて心の純粋さを失い、幼い頃に描いていた夢を失い、そして本来の自分らしさも徐々に消え失せていく。

長野県から上京してきた美穂と慎吾。大都会に揉まれながら、東京に染まっていく二人は都会の片隅でイノセントさを失わずにいられるのだろうか?

東京出身のマリエに対してコンプレックスを感じている美穂と、遅れて上京してきた慎吾は日々東京に染まっていく。そんな中、マリエが純粋な慎吾を狙い始め、慎吾はマリエの誘惑に惑わされ始める...


牙を剥いた女豹の誘惑


—慎吾ちゃん、次はいつ会える?慎吾ちゃんに会いたいな❤—

昼休みにマリエから届いたLINEを見て思わず顔がニヤける。何か特別なことをした記憶はないが、東京出身の美女・マリエは自分に興味があるみたいだ。

六本木で抱きつかれた夜のことを思い出し、更に顔がニヤける。ムスクのような、濃厚でドキドキする香りがする一方で、お風呂上がりのような爽やかな石鹸の香りもしたマリエ。

「いい女は良い香りがするって本当だったんだな...」

未だに覚えているマリエの香りと共に、マリエの顔、脚、女性らしい仕草に綺麗な指先...全てが忘れられなかった。

—俺も会いたいよ。 次、二人でご飯でも行かない?美穂には内緒で—

何となく、美穂には言えなかった。軽蔑されそうで怖いし、ご飯くらいなら大丈夫だろう。別に何をする訳でもないから。



でも、この時はまだ気がついていなかった。マリエの罠にハマって堕ちていく自分と、東京砂漠で一人ぼっちで迷子になり、消えていく自分の行く末を...

【東京イノセントワールド】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ