速水もこみちの夜BAR、夜メシ、夜レシピ Vol.16

速水もこみちが驚いた、銀座のど真ん中にして深夜まで家庭料理を提供する、8席の和食店

curated by
速水 もこみち

今回速水氏が訪れたのは、銀座のど真ん中にして深夜まで家庭料理を提供する和食店。そこで味わうサプライズとは!?

おなじみの家庭料理に技を効かせ未体験の仕上がりに!『寛幸』

銀座4丁目。昭和通りにほど近い、真新しいビルの6階に『寛幸』はある。店主・佐藤寛幸さんは予約のとれない割烹の名店『晴山』に務めたのち昨年秋に独立。そう聞くと正統派和食と構えがちだが、出来たお店は意外すぎるほどにカジュアル。

バーのような趣と、BGMのジャズが心地よい使い勝手のいい料理店だ。席数は8席。隣客との適度な距離感も落ち着く。

「うちは深夜まで営業していますし、堅苦しくない雰囲気にしたかったので内装をあえてバーっぽくしたんです」と佐藤さん。

「ちょっと遅くに、肉じゃがと焼きそばなんて、心ニクいですね」

なんと銀座4丁目に位置する和食店、それも手堅い名店の空気感を知る店主の店にして、深夜3時まで営業し、22時以降にはアラカルトで料理を提供している。

深夜は「レバニラ、ハンバーグ、肉じゃが、焼きそばと、誰もが好きな家庭料理ばかりですね」と速水氏も思わず笑みがこぼれるラインアップ。大衆的な料理が出てくると思いきや、どの品も店主の遊び心が効いていて見た目からしてまるで違う。

【速水もこみちの夜BAR、夜メシ、夜レシピ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ