• PR
  • 必ず記憶に残る“特等席”教えます!本当に使える汐留夜景レストラン&バー6選

    接待やデートはもちろん、会社の集まりや女子会も、その成功や盛り上がりの鍵を握るのは、ズバリお店選び。シチュエーションに合った気の利いた一軒を予約できるかどうかにかかっている。
    そして、さらなる上級者になりたければ、お店のなかで最もいい席をおさえるべきだ。
    夜景がキレイでお馴染みの『汐留シティセンター』の41階と42階のレストランフロアには、ワンランク上のお店が集まり、選択肢も豊富。エレベーターの上昇とともに、気分もグッと上がるお店ぞろいだ。

    天井高13mの窓際に置かれたテーブル。床から天井までガラス張りになっているため、東京の夜景をすぐそばに感じることができる

    自然と視野に入る東京タワーの輝きと極上のモダンシーフード料理
    『Fish Bank TOKYO』

    エントランスから案内され、奥に進むとガラス張りの壁一面に広がる夜景と、ゴージャスなシャンデリアに圧倒される。まさに、非日常という言葉がぴったりの空間だ。

    大切な相手は、接待やデートのテッパンである壁際のソファにエスコート。奥に位置する席は、プライベート感も高く、ふたりの会話にも集中できる。

    料理は、モダンシーフードがコンセプト。フレンチをベースにしながらもジャンルに捉われず、現代的タッチで季節を表現している。

    スペシャリテの「生ウニのフラン」をはじめ、丸ごと1匹がひと皿にのった「カナダ産オマール海老のスチーム」など、贅沢食材を惜し気もなく使用。季節感溢れる料理がゲストを魅了している。

    『Fish Bank TOKYO』は、どの席からも夜景が望めるよう工夫がされているが、やはり夜景を最大限楽しむためには、窓際へ。見晴らしがよく、探さずともすぐに東京タワーやお台場の夜景が目に入ってくる

    「生ウニのフラン」(左)と「カナダ産オマール海老のスチーム」(右)は、ディナーコース(¥8,640または¥10,800)からの一例。アラカルトでのオーダーも可能

    ゆったりとした座り心地のいいソファ席。背もたれが高く、ついつい長居をしてしまう居心地のよさだ

    贅沢な大人の空間から望む東京を象徴する夜景
    『Bar & Lounge MAJESTIC』

    レストラン『Fish Bank TOKYO』のすぐ隣に併設しているため、店内で席を移るような感覚で、バーに行くことができる。

    ペアシートから望む大パノラマは圧巻。遮るものなく目の前に広がる。ほかに、200種類が並ぶバーカウンターなど、シチュエーションによって使い分けられる客席もこちらのバーの魅力だ。

    数あるカクテルのなかでも人気を誇る「SHIODOMEジントニック」は、ライムではなくすだちを使用することで、優しく上品な仕上がり。何杯もお代わりしてしまいそうな味わい。

    いずれの席もゆったりとした感覚で配置されているが、なかでも一押しは最も奥のソファ席。東京タワーや六本木ヒルズなどの夜景が広がる

    右は、オリジナルの「SHIODOMEジントニック」(¥1,350)。左は、カクテルの女王として愛される「マンハッタン」(¥1,350)

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ