精神科医エレナ Vol.7

愛するとは、○○○こと。精神科医エレナの出した答えとは

慌ただしく、そして力強く、東京を生き抜く男たち。

だがしかし、東京で暮らす男は皆、煌きながらも、密かに心の闇を抱え戦っている。

いくら頑張っても果てしなく渇き続けるそんな東京砂漠に、一滴の雫の如く、彼らの闇を癒す存在がいた。

エレナ、29歳。石川県出身。職業、精神科医。

国産を愛する「崇成」、ピュアすぎる「ケイ」、浮気性の「忠之」、能天気な「輝夫」…数々の男たちの悩みを解決してきたエレナ。

先週は最悪の恋愛観を持つ麻酔科医「黒崎」が登場。彼とエレナの対決が、今夜始まる。


悪魔の酒、アブサン。完全に黒崎のペースで夜が始まる。


「悪魔の酒を飲みに行こう」

エレナを誘ったのは、“悪魔の酒”アブサンの専門店『バー トラム』。

「お連れ様はアブサンが初めてでしたら、飲みやすいカクテルにしましょうか」

「いや、彼女は大丈夫ですよ」

僕は、バーテンダーの気遣いを断ってストレートのアブサンを注文......


【精神科医エレナ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo