精神科医エレナ Vol.6

精神科医エレナ:診療科別、リアル「医師の恋愛事情」。一番危険な男は、何科の医者?

慌ただしく、そして力強く、東京を生き抜く男たち。

だがしかし、東京で暮らす男は皆、煌きながらも、密かに心の闇を抱え戦っている。

いくら頑張っても果てしなく渇き続けるそんな東京砂漠に、一滴の雫の如く、彼らの闇を癒す存在がいた。

エレナ、29歳。石川県出身。職業、精神科医。

これは、彼女が東京の男たちの心の闇を解決していく物語である。

美人形成外科医の悪友サトコから強烈な結婚宣言を受けたエレナ。その後国産を愛する「崇成」、ピュアすぎる「ケイ」、浮気性の「忠之」、能天気な「輝夫」の悩みを解決してきた。

男といても一歩引いて観察するばかりのエレナだが、敵わない男が一人だけいた。


医師たちの恋愛事情。彼氏にするなら、何科の医者?


医者の恋愛と聞いてどんなイメージを持つだろうか。モテる、遊び人、変わり者…?正解は、科によって違う。

イメージ通りなのは外科医だ。彼らは当直明けに、病院近くに住む手軽な看護師の家に立ち寄って1時間足らず過ごし、気が済むと「患者が急変した」などといってイソイソと退室する。出会いを探しに出かける時間がなくて身近な女に手を出すから、トラブルは必発。結局女の執念や策略に負けて早めに結婚する。

スマートに遊ぶのは「マイナー外科」。皮膚科や、耳鼻科、「青山ヒロム」でお馴染みの眼科等が含まれる。仕事とプライベートのバランス感覚がよく手先も器用な彼らは、港区のパーティーやCAとの合コンでソツなく遊ぶ。『CICADA』等女ウケが良い無難な店によく出没する。

消化器科や循環器科といった「メジャー科」は、善良な常識人が多い。医学部時代からの彼女と結婚し、人並みに浮気する。職場の飲み会の後に看護師と。合コンで出会った平凡なOLと…。元優等生の彼らは「浮気をする俺は、チャラい」と信じているし、妻に子供ができると改心して遊びをやめることさえある。

さわるな、危険。上級者向けの科は、この2つ。


サトコの分析によると、群を抜いて「変態」なのが、精神科医と麻酔科医だ。

精神科医は、許せる範囲が広すぎる人間だ。患者はいつも予想外の言動をとるから、ヒトは不思議なものだと誰よりも知っている。「まあ仕方ないね」が口癖の彼らは、他人に甘く、自分にも甘い。

麻酔科医は、許せる範囲が狭すぎる人間だ。目の前には眠った患者が横たわり、その血圧や脈拍は彼らの意のままに推移する。理屈っぽく妥協を許さない彼らは、他人に厳しく、自分にも厳しい。

黒崎、34歳。長崎県出身。職業、麻酔科医。


僕は麻酔科医という仕事を天職だと思っています。事前に情報を集めて作戦を練り、手順や時間配分を計算し、計画通りに事を進めていく。想定外の事態にも冷静に対処する。数を多くこなし、各症例を分析することでセンスが磨かれていく。

そう、僕にとっては手術麻酔も恋愛も同じなんです。

【精神科医エレナ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ