女優とディナー Vol.6

女優とディナー:筧美和子を鮨屋で本気で口説いたらこうなった!(1話読み切り)

『夢をかなえるゾウ』シリーズは300万部、『人生はニャンとかなる!』シリーズは180万部を突破。そんな人気タイトルを多数手掛ける作家・水野敬也氏が、名だたる女優とリアルにデートする本企画。

今回のお相手は女優・モデルの筧美和子さん。フジテレビ系『テラスハウス』への出演や、篠山紀信撮り下ろし『ヴィーナス誕生』のセクシーな姿が印象的な彼女と水野氏のデートはどんな展開になるのか?

1話読み切りでお届けする爆笑ストーリー、最後まで目が離せませんよ!

私、脱毛症になりまして。

自分もアラフォーなんでね、最初は老齢化でハゲ散らかってるだけかと思ったんですけど、右サイドの毛だけが無いっておかしいよな……

と思い、念のため脱毛外来のある大学病院に行ったところ、ストレスからくる「円形脱毛症」と診断されました。

ただ、拙著『スパルタ婚活塾』を原案としたドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』は絶好調のまま最終回を迎え、本の売り上げも増刷につぐ増刷、

「もう印税とかいいっすわ」的な現状において、ストレスの原因として思い浮かぶのはこの連載のみなんですよね。

これまで私は、「美女との会食はつらい、もう美女なんて見たくもない」と言い続けてきましたが、「そうは言っても結局、水野は美女との会食楽しんでるだけなんだろ?」

って思ってた人たちは水野と同じ部分を自ら剃刀でソリ上げた姿を自撮りして「君は一人じゃない」というメッセージを添えて編集部に送ることで、反省の意を表してださい。

しかも私がこの過酷な連載を続けている理由は読者の皆さまに美女との会食を成功させてほしいという一心なのですが、

編集部に寄せられた感想で「水野さんお勧めのレストランで美女と食事をして交際が始まりました!」とかは皆無であり、


そのほとんどが「こいつウケる」とか「ワロタW」なんですよね。


そこで今回こそは、私の抜けた毛を供養する意味でもね、ぜひ読経の姿勢で『東京カレンダー』を開いていただき、
私が美女を喜ばせるディナーを企画する過程を熟読し、実生活の美女との会食に役立ててほしいと思います。

さて、そんなことを考えながら、病院で出してもらったステロイド薬剤を頭皮に塗っていたのですが、

担当編集Hからの電話を受けたときトレンディエンジェルの三人目として加入しても違和感がないくらいごっそりと毛が抜け落ちることになりました。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ