通い詰めたい!あの小笠原伯爵邸に、気軽に寄れる絶品「缶詰バル」出現

1927年に建てられたスパニッシュ様式の洋館で、モダンスパニッシュを愉しむことができるレストラン『小笠原伯爵邸』。東カレユーザーの中にもファンは多い。そんな『小笠原伯爵邸』のカフェスペースがこの度何とも大胆な変身を遂げたのだ!

その名も『OGA BAR(オガバル)by小笠原伯爵邸』は、缶詰を肴に気軽なスタンディング席、屋外のパティオ席も擁し、4/28(木)にお目見えした。早速その全貌に迫ってみよう♪

写真右奥にそびえたつのは、イトスギ。スペインをはじめヨーロッパ庭園では欠かせない樹木。高さ13mと、日本でここまでの高さは非常に珍しい。

こちらは、庭園から眺めた小笠原伯爵邸。クラシカルでもありモダンでもある。この姿に修復するには、数多くのボランティアの手と、匠の技が施されたという。今の季節は、新緑もまぶしく都会の喧噪を忘れさせてくれる。

ソムリエが選んだスペインワインやシェリーとの相性は抜群!スペインの缶詰をそのままのスタイルで召上れ♪(写真はレセプションの様子)

ついに!満を持して”缶詰バル”をスタート

実は、スペインの缶詰は世界でもトップレベル。「でも、しょせんは缶詰でしょ?」と思ったそこのあなた、きっと人生感(缶?)が変わってしまうはずだ!

スペインの缶詰は、単なる保存食とは一線を画しており、最高の素材が最高の状態で閉じ込められている。近年、立ち飲みブームと共に、グルメ缶詰×ビールといったスタイルは、そこかしこで見られるようになった。だが、『OGA BAR』で提供される缶詰には、高級なシェリーやワインがお似合い♪ 簡易的なアテとも違う。だが、缶を開けるとすぐに愉しめるといった缶詰ならではの気軽さがたまらず、思わずクセになりそうだ。

『OGA BAR』の内観。壁面棚にディスプレイされているのが、スペイン缶詰の数々。棚には缶詰ごとに産地や特長などを記載したPOPがあり、それを参考にしながらお好きな缶詰をチョイス!

スペイン産の魚介を中心とした約20種の缶詰を提供。希望があれば、温めて出してくれる。

マラガ産の枝付き干しぶどうや、グラナダ産の天日干しいちじくなど、スペインの自然の恩恵を感じるおつまみも!

調味料をちょい足しすれば、もうプロの味!

『OGA BAR』では、厳選したスペイン産の魚介やタパスなどの缶詰の他、お酒に合うスペイン産のおつまみなど30種以上を常時ラインナップ。
これら甘いおつまみを、チーズやハモン・セラーノと一緒にいただくのも超オススメ。これを嫌う女子は、まず皆無だろう!

席には缶詰をさらに美味しく食すための心遣いも!オリジナルハーブミックス、塩、生レモンの他、シェフ特製のソースや調味オイルもスタンバイ。お好みでちょい足ししながらいただこう!

「ナバハス(マテ貝)の塩水漬け」120g 1,700円

東カレいち推し缶詰はコレ!

スペイン語でナイフを意味する”ナバハス”(マテ貝)は、その名の通り缶いっぱいに伸びる細長く白い身が特長の貝。貝の旨みがギュッと凝縮され、一口ほおばると海を感じさせる。

”ナバハス”には、飲み口スッキリの辛口シェリーが好相性♪ このペアリングは、その先の展開をワクワクさせてくれるものになるだろう。

写真は、自家製ソース・調味オイルの一部。マテ貝には「塩漬けレモン エキストラバージンオイル ブラックペッパー レモン汁」をちょい足し!


ちょい足しオリジナルソース・オイルも見逃せない!

自家製ソース・調味オイルは、小笠原伯爵邸のゴンサロ・アルバレス料理長が練りに練ったもので、まさに秀逸のひと言。

「スペイン産パプリカパウダーとシェリービネガーのソース」、「塩漬けレモン エキストラバージンオイル ブラックペッパー レモン汁」、「鷹の爪オイル」、「フレッシュニンニクとパセリのみじん切り」の4種類。折をみて、アレンジ&追加される予定とのこと。

バル開設にあたり、特別に選んだワイン、シェリー、ビールをはじめ、スペインではおなじみのベルモットやカクテルをご用意。
ソムリエとの距離感も近いので、気軽に相談してお気に入りの缶詰とお酒のペアリングを模索してみよう。

各種ワインをご用意。写真右に見切れているのは、絶品ハモンセラーノ!もちろん、切りたてをサービスしてくれる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ