東カレ太鼓判!絶対に外さない手土産 Vol.10

カワイイ!美味しい! 「妖怪★いちご大福」に歓声まちがいなし

開けた途端に「かわいい~!」と歓声が上がること間違いなしの逸品だ。

手みやげに大切なのはインパクト。おなじみのスイーツも、注目を集める見た目であれば、ぐっと盛り上がりが高まる。

春が近づくと各地の和菓子屋の店先に並びはじめる「いちご大福」。せっかく手みやげに選ぶならこのお品!という決定版をご紹介しよう。

包みを開けた瞬間に歓声が上がるスイーツだ

見た目のインパクトNo.1! のいちご大福

日暮里から徒歩5分ほどの住宅街に店を構える江戸うさぎの「妖怪★いちご大福」。特徴はなんといってもこのビジュアル! こんなにキュートないちご大福、一目見て「カワイイ!」と恋に落ちてしまう。

日暮里の店舗でしか買えない逸品だが、1日300個ほど売れることもあるとか。名前に妖怪とついているのは、日暮里からほど近い”谷中の墓地からやってきた妖怪”を表したらしい。

妖怪にしてはずいぶんかわいらしく、見方によってはぺろりと舌を出しているようでなんとも憎めない。こんな手みやげを持っていけば、歓声が上がること間違いなしだ。

「妖怪★いちご大福」こし餡(1個258円)

いちごと相性のいい2種類の餡

こちらのいちご大福、決してかわいいだけではなく、味もばっちり美味しい。

いちごは時期によって細かく産地を変え、餡に合うものを厳選。味はこし餡とミルク餡の2種類。

スタンダードなこし餡は北海道産の小豆をていねいに練りあげたもの。いちごの酸味とこし餡のほどよい甘さがバランスよく口の中で広がる。

「妖怪★いちご大福」ミルク餡(1個258円)

ミルク餡はいちごと相性ぴったりの練乳を白餡に混ぜ込んでつくられている。こちらは餡のやさしい味わいのがいちごを包み込むようだ。大福の生地にはコラーゲンが入っているのも、女性向き。いちごが旬を終えるゴールデンウィーク頃までの期間限定だ。

【東カレ太鼓判!絶対に外さない手土産】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ