地元民に愛され続けてウン十年!麻布十番の名店5軒

新しいお店が次々と生まれる一方、古くから地元で愛される名店が同じエリアに並ぶのが麻布十番という街。

ここでは一度訪れると誰もが虜になる、麻布十番の味な名店をご紹介!

レモンサワー¥410、焼き物盛り合わせ(5 串)¥850。「親父の気まぐれ盛りです(笑)」と3 代目。この日は右から、レバー、シロ、ハツ、タン、やきとりもも肉。創業以来、継ぎ足しというタレの旨みは濃厚だ。焼きとんはカシラやナンコツもあり、1 串¥170 で注文は2 串から。店頭でテイクアウトも販売しており、こちらは1 串¥160

1933年創業!
創業時から不変の焼きとんで魅了する『あべちゃん』

「営業は2時45分からなんですけど、皆さん、半ぐらいになると、いらしちゃう」。そう言って微笑む3代目の阿部慎太郎氏。なるほど、開店までまだ15分もあるというのに軒先には人影がちらほら。

「昔はもっと遅い時間からオープンだったはず」。この街で知らぬ人はモグリと言い切れる、焼きとんの名店だ。「だから開店前にある程度、焼いておかないと間に合わないんです」

ミミガー¥460、新鮮キャベツ¥310。ピリ辛ダレで食べるミミガーもキャベツも「4、5年前にメニューに載せた料理」。キャベツは元々、焼きとんの下に敷いていたが、「キャベツだけ頂戴」という声が多く、ならばと焼きとんのタレをかけて単品料理に

屋台で創業し、今の場所に店を構えたのは戦後間もなく。焼き場に立つのは2代目の阿部英機氏で、見る見るうちに串焼きを仕上げていく。熟練の手捌き。少し甘めのタレに潜らせ、焼き台にのせればグッと胃袋を掴まれる、香ばしい匂いが立ち上る。

「ウチの肉は厚いからね、じっくり焼かないと」。2代目の言葉通り、肉は大きく、艶かしい質感で思わず見惚れてしまうほど。

「行きによろうか、帰りにしようか、ならば行きにも帰りにも」。箸袋に書かれた言葉通り、この店には開店前でも立ち止まってしまう、魔性の説得力がある。

黙々と焼く2代目。肉汁が滴るたびに美味しい煙が立ち上る。火元は3つあり、それぞれで異なる火力。場所をこまめに替えて絶妙の加減で焼き上げる

〈名店の理由〉
“樹齢”40年!年季の入ったタレの壺

焼き台の前に置かれたタレの壺は2 代目いわく、「40 年ぐらいは経っているかな」という代物。串を浸けては焼き、浸けては焼きを繰り返しているうちに、壺の周囲に、まるで樹齢を重ねた木のような太いタレの“幹”が形成された。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ