肉も恋も燃え上れ! "東京デート肉"最前線は
この10店だ!

「豊西牛 サーロインのグリル」

肉メニューの豊富さとワインプライスは圧巻『ザ・ミート・ロッカー セラー&グリル』

デートの約束の時間に女子がちょっと遅れるのは、よくあること。そして、遅れてきた女子に「ずっと待ってたよ」的な雰囲気を出すのも、男として無粋だ。

そういう場合にはきちんとした前菜メニューをオーダー済み、待っている時間すら楽しい、と振る舞えてこそ男気あふれるエスコートなのではないだろうか。ちょっとした気遣いが男の株を上げることもある。

今や1店舗でスタンディングとメインダイニング、両方を兼ね備えているレストランが増えてきている。こちらも然り。

ただ他と一線を画すのは一頭買いしている北海道・豊西牛の存在。部位が豊富なため、前菜からメインまで様々な調理法で“肉祭り”が可能なのである。スタンディングだからこそ美味しい肉のツマミで先に一杯やっている。それが肉デートの最上級テクニックといえるだろう。

フロアはテーブル&個室ダイニングとスタンディング可能なエリアに分かれている。どちらも使い勝手がよく、アペリティフだけの立ち寄りも可能。メニューは共通なので気軽に。

「豊西牛 イチボのタリアータ ルッコラとパルミジャーノ」

※こちらの店舗は現在移転し、『ニショク』に店名を変更しています。掲載情報は移転前の情報です。
 詳しくは下記レストラン情報をご確認ください。

「炭火焼の肉各種」。部位によってグラム数を変えてくれるのでいろいろ試せるのがうれしい。グリル野菜付き

デートでも気軽に楽しめる美味しさが凝縮『トラットリア・ドゥエ・コローリ』

数年前から注目されているトラットリア。前菜はすべて500円。どれも旬な食材を用いておりコスパが高い。それらと同時に肉系グリルをオーダー。焼き上がりに30分ほどかかるため、この流れはマストで。

ラストオーダーが深夜1時なので、急なデートに使うのもいいだろう。「今度はここで女子会でもしようかな♥」と言わしめたら、しめたもの。このお店がその女子に刺さった何よりの証拠なのだから。

壁に描かれているイラスト、タイルも女子受けよし

肉をがっつり喰らうなら、迷わずこの店を

必ず食べたい「ビステッカ・アッラ・トサーナ」。塩加減が素晴らしい

ビステッカを食べるならこの店はハズせない『ヴァッカロッサ』

イタリアンにおいて肉料理「ビステッカ」はシェフの腕が問われるメニュー。火の入り方、塩の加減、余熱でどこまで調理できるか。こちらはまさにそれらすべてがマッチしたビステッカが味わえる最高のリストランテである。

使用する牛は今最も注目されている土佐あかうし。その名の通り赤身に旨さが際立っている和牛だ。そして内観は白一色で統一されて、いかにも異国情緒が漂う。センスのいいお店のセレクトとは、こういうことだろう。

地中海をも思わせる内観

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo